Red Nose Dayにしたこと
イギリスにはRed Nose Dayというのがありまして。
あの映画からとってんのかな、たぶん。

簡単にいうと、学校、職場、家庭問わずUK中で面白おかしいことしてお金集めちゃおうぜ!ていう、
チャリティイベントです。で、Oxfarmなどのチャリティショップでは鼻にかぽっと装着できる赤いボールが売られてたりなんかします。。

テーマはDo Something Funny for Money!
(DoからFunnyまでを一息で言い切り、For Money!を一瞬間をおいて言うとそれっぽいです)
ファニーとマニーで韻を踏んでいる素敵なキャッチコピー。


大学ではRed Nose Day(金曜日でした)にStudent Unionで手作りケーキの販売を
ちょっと仮装したおねーさんたちがレセプションで売ってまして、
「はろー!食べ物をお探しならケーキはいかが?1つ50p、でももう少し払ってくれてもいいよ!」
(”You can pay more if you want!")

なるほど、と思い
「おーけー、じゃあ60pもってたりするので、これで」(I happen to have 60p)と10pだけ余分に払ってみました。
もっと払えって?いやーコイン不足でな・・・。えへ。

そして週末はRed Nose dayとComic reliefという、
もともと別々に創設チャリティイベントのためBBC1で大バラエティショーが繰り広げられました。
こうして募金された総額


5918万7065ポンド(約81億1千万円)!!
英国人、太っ腹~。

このお金は、アフリカおよび英国で貧困や病などに苦しむこどもたち、重病の親をもち、外で友達と遊ぶこともできずに介護をするこどもたち、人になかなか理解されにくい病気やDVに悩むひとたちの支援のためにあてられます。


たった60pの支援だけど、このチャリティに少しだけ参加できたことが嬉しいです。
[PR]
by yn-cardydd | 2009-03-16 04:36 | イギリスの日々
<< ピンクレディ チャリティーショップの掘り出し... >>