イギリス版センター試験
唐突ではありますが、ブログランキングに参加してみることにしました。
中古カメラも買ったことだしネ!(しかしやっぱり良いカメラが欲しい・・・)
人気ブログランキングへ
ぽちっとクリックしてくださるととても嬉しいです。ぬふふ。


先週、木曜日はA-Levelの結果発表の日でありました。


A-Levelというのはですね、簡単に言うとイギリス版・センター試験。
イギリス人が大学へ入るにはだいたいこの試験を受けて合否を決定するのだそうでございます。

他にも一応、方法はあるらしいけど・・・
留学生がするみたいに大学のFoundation Courseを受けるとか。
(ま、私は大学院からこちらへ来たのでその辺は詳しくないのですけど)



レストラン仕事で同僚のソフィーとレイチェルもA-Level受験者で、
志望大学にいくには3科目中2つA、1つBという結果を納めねばなりませんでした。

で、結果、2人ともクリア!ばんざーい!よかったね!


2人は別々の大学にいくのですが、
車で20分ほどの距離にある町どうしなので、
「hahiuは両方訪ねてこなきゃね!!」といってくれるきゃわゆい2人です。

いっちゃうとも!!笑


何せ高校卒業したばかりの年であるわけで、
私とは年齢からしたら1周りも違うのに、2人はどの世代とも仲良くできるような
明るく聡明なお嬢さんたちです。



そうそう、先日Pendoylanにいったとき、
帰りにバスがくるまで暇すぎて(あてにしてたパブが閉まってたし・・)
バスの中で読もうと買ってたIndependent紙(新聞)を読んでいましたら、

『運命の人に出会いたかったらバース大学!』みたいな記事が。


おおう・・・?


一般的にいっても、大学ってたくさんの人と知り合う機会のある場所であるわけで、
それなりに大人な年齢なこともあって、大学で知り合った彼・彼女と結婚、ということも
まあ、ある話・・・

で、その例を調査したところ、University of Bathの卒業生が
64%という高確率をはじき出したのだそうで。

めっちゃど田舎な大学がトップに立つかと思えばそうでもない。。。


A-Levelの結果がでる週とあって、
ラジオや新聞も関連の記事が多かった数日でした。

ソフィーやレイチェル、今から3年間、大学で色んなことが待っているのね!ぐふふー。


さて、おねいさん(私)は重い腰をあげて実験データなどかたづけますよ。
よっこら~しょ。



読んだ後にクリック派の方はどうぞ!笑
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
[PR]
by yn-cardydd | 2009-08-24 02:22 | イギリスの日々
<< 思い切りました。 大きなかばん >>