Very well done, young lady!
c0104234_9521355.jpg

フェントンのアクセサリーポット。この子の年代を調査中。分かれば準備中のお店に出品しようかな、、

さて、、、
ここのとこ、ブログランキングの順位の伸びもよく、
訪問者数も100を超える事も。

ほへー。ありがたや。。。


何効果ですかね?
mixiと繋いだからかしら、、
あ、ランキングで地域情報ヨーロッパのカテゴリーが
各国ごとにフィルターをかけた表示も追加して
私のイギリス内での順位だとすぐ目につくからか。

がが、がんばりまっす。

今また8位になってます。嬉しい。。。



さて、フィギュアのBBC中継からまなぶ表現集、その2です。


(そんなタイトルあったんか)


今日の記事のタイトルはVery well done, young lady!ですが、
これ、安藤美樹選手がフリーを終えた後に
やりきった!という気分ではないな〜という彼女の表情をカメラが捉えたとき
解説の男性が優しい言葉をかけようとしたみたく言うのです。


納得いってないだろうけど、ま、よくやったって!

みたいな。


Good jobも言わないわけじゃないけど、
Well doneのほうがイギリスでは確実に多い。

よくできましたーなときも
やったじゃーん、なときも、Well done,○○(人物)!

Well done you!という語順。



あと、ツイッターにも書いたdeliver。
これ、The Choirを見てるときもよくGareathが言ってた。

ダントツで歌が上手かった子のことを
She did deliver.
期待されているものを届ける、伝えるというかんじで、
物品の配達よりも抽象的で観念的な意味合いのものをいってるようなんですよね。



ここはひとつ、イギリスの英英辞典をひらきまショー。

ケンブリッジのオンライン辞書で
deliverの意味のひとつに

to produce what is wanted (要求されているものをつくりあげる)

とありますが、これがそうかな。



フィギュアではShe needed to deliver.
といってました。

期待されたものを演技の中で出し切る事ができなかった、
もっと上を要求されてたのに、できたはずなのに、

て言いたいんでしょうな。


だから上手く行った場合は
She did deliver! Spot on!

ですよ笑(昨日の記事参照)。




この大会中、気になってたのが、
もうひとつ。

年齢のことをいうとき
~of ageっていつも言ってるんですよね。

20 years oldじゃなくて、
20 years of age


こういう「解説」なんかの、
ちょっとかしこまった言い方なのかな。
まわりくどいの好きだな、イギリスじん笑。

長洲未来ちゃんも最年少でしたから
当然年齢のことをふれられ、

She is now 16 years of age, she has HUGE potential.
(今16歳。ものすごい可能性を秘めた選手です)

とか。


このhuge(ものすごく大きい)というのをやたら強調して

ひゅーーーじ ぽてんしゃる


て、言ってました笑。ふふふ。
次のオリンピック直前はむしろ彼女が金メダル最有力なんて言われたりして?




ふひー、単語・表現集はなかなか
労力がいるぞよ。。

↓うぇるだん・みー?
人気ブログランキングへ
[PR]
by yn-cardydd | 2010-02-28 09:55 | てれびっ子生活@イギリス
<< 味噌を作りながら過去を振り返る Absolutely Spot... >>