ブレコン・ジャズフェスティバル 2010
ブレコンから帰ったら8時過ぎ〜さすがに疲れたー。
しかし更新を試みまする。
人気ブログランキング


ブレコン・ジャズフェスティバル、行って参りました!
今年はついに演奏側で参加です!


ついてすぐ、
とりあえずお茶!なイギリス人。
c0104234_633548.jpg

そこはかとなく気づいてはいたけど、
我々、早く着きすぎた、、、よねえ?笑


午前中はちょっと肌寒くて
ぬくぬくパーカーを羽織ってかつ紅茶を飲みましたが
正午前にパレードしている間にだいぶ暖かくなりました。

小さな街の、小さな中心街に、
すごーい人!うほー。
c0104234_6363718.jpg

いつもながらうろ覚えな曲をごまかしごまかし吹く。
マットの指づかいみて追ったりして笑。


このパレードは
出演するバンドのいくつかが
練り歩いたり、車の荷台に載って演奏したりで
ブレコンの中心街を回るのですが
なにしろ小さい街なので30分以下で終わる感じ。

よかった、このパレードが長いと
私一日唇がもたないもん。。。


12時半にならないと使っちゃだめ、という
謎な決まりのお食事無料券をもらって、
まるでハリポタみたいな感じのお部屋と机で
バンドのみんながずらーーーーっと並んで食事


後から他のメンバーが来て座るたびに
「これハリポタみたいな光景ね!」って皆言い出すので可笑しかった。
c0104234_6435289.jpg

Jen、それはホグワーツに連れてきたお供の動物なん、、、?笑


なぜだかジェニーBは
ミーアキャットのぬいぐるみを持ってました笑。
絶妙な感じでぬいぐるみをおくので
「ちょっと待って、今ごはん分けてあげるから!」とか言ってそうな。。



食事から2時間後くらいには
いよいよステージで演奏!

今回の舞台はキャッスルホテルという
なかなか趣きのある、相当古そうな(つまり数百年単位で)
素敵なところでした。

ステージも激写〜
c0104234_6475482.jpg

立派だけど、
ワンダーブラスがほとんどフルメンバーな状態ではちょっと小さい。。
いつも立ち位置がはしっこになるトランペットは
舞台の下でしたー、とほほ。



でも今回も歌って踊って吹いて、
いつものスパイスガールズのStopだけでなく
It must be loveでもフランちゃんと私の2人で舞台前ど真ん中に立って
ダンスのリードをとりました。

この私が踊るなんてなあ、、、
日本ではまったく想像もしなかったことですわ。


今回もイアンのご両親がきていて
(今回は事前に知っていたけどいつも「あ、そこにうちの親がいるんだけど」って
 いきなり言う!そう言う事は前もって言おうよ!w)
すっかり顔も覚えられ
楽しかったよー、one of the bestだったね!とおっしゃっていたので
センターで踊り狂ったことはセーフだったらしい笑、良かった。。。



一部のひとはここで2日もしくは3日かけてキャンプしていて、
ちょっとは考えたけど、ちょっとキャンプ代が高い、、、なので
ワンダーブラスの後1時間後くらいにやっていたアンサンブルのバンドだけ
聞きに行きました。


特に詳しく知らなかったのだけど、
アメリカからきたバンドで
みんなして6パック(腹筋が割れている様子のこと)な黒人プレイヤー!

ま、筋肉質は特に関心ないので置いておくとして
ほんとにかっこよかったー!
c0104234_774676.jpg

こんな風に演奏ができたら!
プロフェッショナルな演奏に身震いでした。

ここでも
「ワンダーブラス集合〜」とキャズが合図すると
ここのチケットを取っていたメンバーが舞台近くに集まり
皆でまた踊り狂いました笑。

1キロくらいやせた気がする笑。
(気のせい)



これがおわったときには7時くらいで、
おなかすいたー!とジェニーA&マットと3人でいいながら
車で帰りました。

二人がスカパラのCDをかけて、
「めくれたオレンジ」が始まると
私が日本語で歌い続けるので「ホントに日本語だー」と関心されました、ハハハ。
そりゃー日本人だし!



私が着てたチャリティショップで買ったドレスを
ジェニーがとっても気に入って、
「次の日曜、ぜったいチャリティショップ巡りね!」という約束になりました。


怒濤のギグ続きな7月と8月、
まだ週末に1つはギグがある状況がつづくけど、それでも
ブレコンでやっと落ち着いてきました。

ギグを通して「知り合い」から「ともだち」になったみんなと
バンド外であそぶのが増えそうです♪
たのしみたのしみー!


人気ブログランキング
[PR]
by yn-cardydd | 2010-08-09 07:31 | ジャズが好き!
<< Enjoy your day! 急に時間ができたので >>