keep knowledge up to date
人気ブログランキング


昨日は半日、
ウェールズのコンサベーション業界に携わる人たちの
小さな学会でした。

小さいながら、半年に1回の学会があって、
10人足らずぐらいの発表と
(カーディフ大とウェールズ国立博物館がリードを取ってるので
カーディフ大の学生の発表も最低1つは入る)
お茶、お昼ご飯などをとりつつ懇親会。

出来る限りこういうのには参加して、
知識のupdateをしなきゃね!


アバデアのCynon Valley Museumで
ヘザーのお仕事を手伝いさせてもらってるので、
肩書きもここのミュージアムにしてくれ、
参加費もタダにしてくれた〜(といっても15〜20ポンドなんだけど)。

私、カーディフ大で勉強してるときも
修士で、学部生とは殆ど交流もなく
顔も一部の子しか覚えてなかったのですが、
この日新しく知り合った卒業生は
私が今応募しているとこで働いていたのでした!

彼女はconservationのコース出身では無かったみたいだし、
万が一面接取れても
「私は施設案内をするだけなのよ〜」と言ってましたが笑。
まあ、卒業して余り経ってない様子だったもんな。




今までで一番、
自分の経験から得たことでカバーできる仕事だし
しかも隣のニューポート市!
毎日通勤も簡単だし、仕事終わってバンドの練習もすぐ行ける!


というわけで雇ってくれ〜。。




一番問題なのは
まったく車の免許がないってことなんよなー。
応募の際の「エッセンシャルな条件」に車の免許が入ってる、、

運転の練習を始めるためのprovisional licenseを取っただけで
後なにもしてないので、
いま取得のための準備をしてます!という
主張だけはしておいた、、へへ。
(大学のチューター、ジェーンは初仕事をこの手でゲットしたそうな)。


一番重要な、
waterlogged woodのconservatorとしての経験さえも
絶対に満たせとは言わない、みたいな表記をしてたので
車の免許もそんな感じだといいな〜。



カモン、専門職&安定収入!w
[PR]
by yn-cardydd | 2011-06-17 20:05 | イギリスの日々
<< 3年、、4年ぶり?のビアフェス カーディフにもたまには、、、 >>