カテゴリ:魅惑のウェールズ語アワー( 5 )
ウェールズ語のテキスト〜
ささ、こちらに迷いこまれたついでに
ずずいと、ポチっと!人気ブログランキング


週末はいいお天気だったよなあ。。。

c0104234_9454424.jpg

金曜日のBell Vue Parkの周辺にいたリス。ふさふさ〜


しかし、今日はどんより曇り
一日雨がふったりやんだり。秋冬みたいなお天気で、
おまけに朝からどうにも体調が悪くてごはんも食べられなくて、
仕方なく夕方まで本を読んだりしながらずっと横になってました。

やっぱり週末が急がしすぎたなー。
昨日も夜はフランちゃんのインディーズバンドのライブを見に行ったし。



さて、その体調もお天気も優れなかった今日ですが、
ちょっといいことが!


待ちに待った(というほどでもないけどw)
ウェールズ語テキストが届きました〜わーい!


じゃじゃん。
c0104234_1033822.jpg


イギリスで中学生くらいの年齢の子たちは
GCSEという統一テストを受けるのですが、
本屋さんに行くとそのための参考書がずらりと並んでいます。

こんな年齢でもビジネスの科目なんてあったりしてびっくり。


で、本屋さんのそういう参考書を見ていて、
「ウェールズ語のもあるはずじゃね?」とふと思い
アマゾンで検索して注文していたのでした。


ぱかっと開きますと
c0104234_10733.jpg

エクササイズつきでカラフル〜

なんかまさに、中学校のころの
英語の問題集みたい、とちょっと懐かしい。。

学校に通って勉強してるわけではないし(お金なし、、うう)
問題集的な物がないとどうも身に付かないなあ、なんて
ひたすら受験勉強をくぐってきた日本人気質で。


BBCのウェールズ語プログラムで
いちおう基礎はさらったし、
今度は問題集でそれを定着させたいです。

たぶんA-level(日本でいうセンター試験的なもの)のほうでも
参考書があると思うので、
これが終わったらそっちもやってみようと思います。ふっふー。



ま、イタリア語とかフランス語とか
実用的につかえそうな言語もせめてもう1つは
それなりに分かるようにはしたいのですけどね。。

でもウェールズ語の学習はウェールズにいる今が一番高められるだろうし、
必要とあらば
バンドメンバーのフランちゃん、ジェニー(フルート)に
直接発音してもらったり質問したりできるしね!



寝過ぎて全然眠くないのですが、
そろそろ、とりあえず寝る体勢にはいろうっと。

おやすみー。


人気ブログランキング
[PR]
by yn-cardydd | 2010-06-08 10:20 | 魅惑のウェールズ語アワー
帰ってきた往復書簡
職場で唯一ウェールズ語がネイティブレベルだった
ソフィーちゃん。


大学進学で現在は北部イングランド(さむそー)在住ですが、
実家のあるカーディフに休暇で帰ってきて
バイトにもちょっとだけ復帰!笑

c0104234_19523428.jpg

しかし寒いがな、Tシャツ。。。



ソフィーちゃんは大学では
Joint Courseちゅー、複数を同時に専攻できるコースに属していて
日本語、フランス語、心理学をやっているのだそうな。

ふいー?
卒論なにかくのー。。。?笑



フランス語はイギリス版センター試験A-Levelでも受験し
基礎はばっちりのソフィーちゃんですが、
日本語はひらがな、かたかなを自分で覚えた程度で入学したので


「フランス語なら成績はトップなのに、
 日本語は必死でやってもまだ平均レベルなのよ〜」



そういえばソフィーちゃん痩せたワ。。。
頑張ってるのねぇ。



そんなソフィーちゃん、
ひさしぶりにメモをまわしてきてくれました。
c0104234_20495814.jpg


日本語〜

漢字もりっぱにかいておりますー。
200くらい覚えたそうな。

がんばれ、、、その10倍必要だからね。。笑



そんで私も
c0104234_201326.jpg

分からない単語は英語にして作成。


「よくできました、ソフィーちゃん!
 毎日、よく日本語を勉強してるのね。
 私はウェールズ語とフランス語を勉強しなきゃ。
 でも明日やります(←)」


てな意図の文章(いろいろ間違ってるとは思うけど)。



そしてお互いに訂正や補足を入れてあげて
また返却。



仕事後ちょっとお茶して、
買い物にも寄って、
(後ろ髪をひかれつつ買い物は我慢し、、、)



ソフィーちゃんはダブルシフトなので仕事に戻って行き、
私はこちらへ。
c0104234_2022565.jpg


新しい市立中央図書館!


前に紹介したSt David's 2とおなじく再開発で立てられたものの1つで
続きの建物にはレストランなどもあります。


ま、欲を言うと
書棚をもっと高いものして
蔵書をもっともっともっと増やして欲しい。。。。かな。
とくに定番とアカデミックなものを抑えて欲しい!


行こうと思いつつまだだったので、
この機会に利用者カードを作り(IDか住所にあてた銀行などの郵便物をもっていく)
インターネットを利用するときにも使えるパスワードももらってきました。

c0104234_20363323.jpg

かなりまっピンクな利用者カード笑。


語学と同様に
ヴィクトリア時代について、
アカデミックなレベルの勉強をしたいので
これから図書館もうんと使う予定ですー。



応援クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by yn-cardydd | 2010-01-05 20:42 | 魅惑のウェールズ語アワー
pili-paraもしくはiar fach ir haf
特に役に立つ見込みもないことに情熱を注ぐ・・・


人生のおおかた、そんな感じで出来ているhahiuです、こんにちは。
(例:最初の進学先=文学部の考古学研究室)


でもね、それにしたって、ウェールズ語はすてきなのですよ。
この間はとても素敵な言葉を教えてもらったのです。

いつもいくジャズのお店にいくと、常連の1人であり、
おじーちゃんたちの所属するバンドのとらんぺっター、フランちゃんがおりました。
(また名前が美味しそうで素敵である笑。)

人見知りが先にでて、いつも同じ人としか話せないhahiuに、
フランちゃんはにっこり微笑んで話しかけてくれ、彼女がウェールズ語TVチャンネルで
ウェールズ語を使った仕事をしていると分かったのです。

満面の笑みのわたし。。。笑
ときどき来るトランペッターのアイレッグ(ウェールズ語の名前)もウェールズ語を話すし、
実はちょこちょこ話せる人が回りにいたという発見で、嬉しい今日このごろなのです。


はい、で、このフランちゃんとウェールズ語がいかに素晴らしいかともりあがって、
教えてもらったのが、iar fach ir haf。
c0104234_20433671.jpg

そう、ちょうちょのことです。

他にもウェールズ語には複数の呼び方(Pili-paraなど)があるそうなのですが、
このiar fach ir hafというのは文字通りに訳すと

little hen of summer=夏の小さな雌鳥・・・

めんどりのように騒がしくとぶ夏の生き物よ・・・てまるで一編の詩を読むような言葉。。

ウェールズ語ってキュートだよね!とわくわく話すフランちゃんと私に
おじいちゃんたちは、「は?本気ぃー?」と難癖をつけてましたが笑、、、
(発音が難しいのが多いからね~)

なんといおうと、ウェールズ語は"poetic language"(フランちゃん談)なのです。

ちょっとダレ気味のウェールズ語学習でしたが俄然やる気がでた!
さーこれも地味にがんばろ~。
[PR]
by yn-cardydd | 2009-05-29 20:51 | 魅惑のウェールズ語アワー
続・ウェールズ語(プラス英語)往復書簡
えー今日もバイトにいったらSがいました。
目を合わせてにやり、と笑う我々。

お皿をさげにきたS、メモを落としていきました。

きたか笑。


"エス。 I remembered!!"(えす、覚えたわよ!)

Sの名まえをカタカナで書いて教えたので、練習したらしいのです。
今コレッジ(何だろう、高校みたいなもん?)に通っているSですが、来年はうちの大学で日本語をやりたいんだって。

というわけで、私それに返し、

"Annwyl S, Da iawn!" (親愛なるS、良く出来ました!!)

しばらくしてまた次のお手紙がきて、
"What is Hahiu in Japanese?"(Hahiuは日本語でなに?)

私の名前も日本語で書きたいらしい笑。

"はひう。How do you say "it is.." in Cymru?
wyt ti'n eisiau sushi?(if we have a lot of leftover...)"
(はひう、だよ。ウェールズ語では”It is"ってどういうっけ?
お寿司ほしい?・・もし今日たくさん残ったら・・・)

”はひう!It is...→...ydy e! Weithiau dw i'n hoffi sushi,
fy hoff sushi ydy cucumber hosomaki ac inari. "
(はひう、ね!It isはYdy eよ。お寿司はまあ、すきかな。私のお気に入りはかっぱ巻きと稲荷寿司)

ここまでは良かった。
次が、これまでで一番むずかしくてネ。

"Rwyt ti'n arbennig ar siarad Cymraeg! Mae Magda yn ddweud hylo!"

!?

ええとええと・・・Siaradってspeak?
Siarad Cymraeg・・・ウェールズ語を話す、、、tiはyouの砕けた言い方で・・・
要するにウェールズ語上手いわ、と言ってくれてる、、、ぽい?

そして最後の一文、完全お手上げ(笑)。
今帰ってきてウェールズ語辞書で調べてるんですけどね、
実はマイナー言語ゆえ仕方ないことなのか、余りいい辞書がないのね。
1冊では足りないなぁ、、、やっぱりもう1冊はいるな。語形変化したものを調べられるやつ。

とりあえず努力の結果、hyloは発音がハロ、になるのでhelloかな、とEnglish-Welshの辞書をひくと、正解。南部の言葉みたい。普通はShwmaeなんだけど。
あとは、、、Hyloの前のddweudはdweudがsayなので、ynの後でミューテーションが起きたものかしら、、、。Magdaさんがよろしくって言ってます?誰だMagdaって。

あ、そういえばウェイトレスの一人がちょっとお店に寄ってたっけ。彼女の名前が確かMagdaだったわ(←人が多いし、フロアスタッフと話すことがそれほどないので覚えられないのだった・・・)。

あーそうかそうか!ようやく分かりました。。。

この前と違ってこのあとそれなりに忙しくなったので、
本日の往復書簡はこれにて終了。

今度から、バイトにはウェールズ語の辞書と大学で受けた1週間お試し講座の冊子を持って行くことにします。


私あまり人とのコミュニケーションが上手くないのが自分でもコンプレックスなのだけど、
こういう風に自然に友達になっていくって何だかいいですね!
[PR]
by yn-cardydd | 2008-11-28 09:56 | 魅惑のウェールズ語アワー
ウェールズ語往復書簡(笑)
今日は夕方からバイトでしたが、
たいへん、暇でありました。

むーん・・・。
お客さんがちっとも来ないんだもの(魔女宅)。
あ、私レストランのキッチンで働いてるんですけどね。

今日のフロアスタッフのひとりはウェールズ人のS。
ウェールズ南部ではウェールズ語話者は大変珍しいのですが、
Sは5歳から学校ではウェールズ語オンリーのためペラペラなのです。
わたくし、ここで思いつきました。
暇だからSに手紙を回そう。

ほら、中学校とかでやりませんでしたか、
授業中、女子どうしでメモ用紙とかノートの切れ端とかに書いて
回したり笑。

最近、さすがに論文で中断しているウェールズ語の勉強ですが、
簡単なのなら・・・

お店では、キッチンスタッフは自分で飲み物を取りに行ったり、
フロアスタッフが暇な時は頼んで持ってきてもらったりするので、
ウェールズ語で書いてみることに。

が、私、飲み物の綴りはTe(紅茶)かCoffi(コーヒー)しか知らない。
そして私、コーヒー飲めない笑。てなわけで、

"Dw i'n eisiau te!"(紅茶がほしいです!)

“Sちゃんへ(←ここ日本語で書きました) 
Sut wyt ti?“(元気?)

うふふ、Sは「まぁ~hahiuったらラブリー!」と
またしても心を鷲掴み(笑)。
ちょっと待って、と紙(お店のレシート)にお返事をかいてくれるS。
“Da iawn, diolch! Syt wyt ti?”(とっても元気よ、ありがとう!あなたは?)

ここからしばらく文通状態w
いそいそと返事を書くhahiu。

“Go lew, diolch. Beth wyt ti’n eisiau wneud, S?”
(まぁまぁですよ。Sちゃん、何をするのが好き?)

会話が唐突なのは初心者の性、お許しください。

“Dw i’n eisiau cysgu! Wyt ti’n hoffi Mathew?”(寝るのがすき!ねえ、Matthew(今日の同僚)のことすきー?)

ぶふっ。Matthewは今日私と一緒にキッチンで働いていた男の子です。

・・・ここはひとつ笑いを取りたい(←何故)。
敢えて「いいえ」と書く私w。あれ、Wyt ti’n hoffi….?の文章に返す否定語は
Nac dwだっけ?いや確かねぇ・・・Ddimを使うのよ、しかしどうだっけ、、
Ddim dw i’n? いやdw i ddim?あぁ、忘れた・・・・。

いいや、言いたいことは通じるはず、ということで
“Nac dw………joke.”(いいえ~好きでないわ・・・・冗談です。)
Dw i’n hoffi Tim?”( Tim(もう一人のフロアスタッフ)のことすきー?)”

ええと、Nac dwはやっぱり間違ってて、Nac ydyだったことが後に判明。
そして普通はDw I ddim yn hoffi…(I don’t like…)で答えるべきでした。てへ。

そしてお返事は
“Ydw! Wrth gwrs! Mae Tim yn hefryd.(ええ、もちろんよ!Timはいい人よね”)
Wyt ti’n hoffi ○○(お店の名まえ)?”(このお店のことすき?)

をを、そんな難しい・・・この店に何の文句もなく好きだとか言う人間いたら見てみたい・・・。
英語ならまだしも、ウェールズ語で高度なことは言えないし。。
かといって嫌いとはっきり言うのもユーモアなくてアレですな。

というわけで
“Ydw heddiw. Ond, ddim siwr yfory”
(今日はすき(←お客が少ないから)。でも明日はわかりません笑)

A ti? Wyt ti’n hoffi ○○ hefyd?” (あなたは?あなたもお店のことすき?)


ええと、これ多分、相当つたないです。正しくいえないので分かる言葉だけ並べたの笑。

ふふふ、これに世知辛いティーンネイジャーS、
“Um, weithiau. Dw i’n hoffi yr arian! Dw i’n hoffi prynny anrhegion i Nadolig”
(うーん、時々はすきかな。お金すきだし!クリスマスのプレゼントも買いたいもん!”)
そうか、時々ってWeithiauか。ふむふむなるほどね~。

てな往復書簡であったわけです。
ちなみに私のウェールズ語は南部方言で、その上綴りは怪しいまんまなので
仮にウェールズ語に興味をもたれた方、上記のウェールズ語は信用されませんよう・・w
しかし、「今日はすき、でも明日はわからない」って、
やだ私ったらナイスセンスだわ!!笑(夜中のハイテンションにつきスルーしてください)。


さ、現実は論文ですよ。書きますよ。
[PR]
by yn-cardydd | 2008-11-26 13:37 | 魅惑のウェールズ語アワー