<   2009年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
マン島のコイン
イギリスでは、ウェールズにも、政府があって、議会があるけれど、
スコットランドみたいに通貨も教育制度も独自という、本当に独立国家のような地域もあります。


が、もうひとつ、イギリスにそんなところが。

それは、Isle of Man、マン島。
リバプールなどからフェリーが出ているのですが、バイクの24時間耐久レースなどで有名なこの島、
立派に政府もあり、郵便局制度も独自、通貨も発行しているのです!


コインってホントにいろんなデザインがあるんですよ。
イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドそれぞれを象徴するものの絵などあって
(ウェールズバージョンはレッドドラゴンとリークの2種類)、
レッドドラゴンのデザインにある日気が付いてからはお給料を受け取るたびにコインチェック!


そして、先日みつけた面白いコイン。何だかわかります?
c0104234_1013543.jpg

これ、イギリスや旧植民地の国(インドなど)ではポピュラーなスポーツ、クリケットの道具なのです。
バットとか、ヘルメットとか。

一体どの地域を表しているデザインかなぁ、とネットで調べていたら、
これがマン島発行のコインと判明。

実はそれまでコイン発行までしてるとは知らず、
改めてコインをみると、しっかり反対の面にIsle of Manの字が・・・。
c0104234_10195487.jpg


調べてたら、このマン島、色々なデザインを独自に作っていて、
1ポンドだけでなく、その他のコインも面白いものがいっぱい。

ハリーポッターのコインまであったり笑。
こりゃー目が離せません。これからは1ポンドだけでなく、他のコインや紙幣もチェックせねば!笑


午後からビーズ屋さんへ。ビーズよりも、このお店の地下階にある、天然石や貝ビーズのコーナーが見たかったのです。
最近、大振りなアクセサリーもいいかなぁ、と思い始め、青い天然石などごろんっと入ったネックレスなんか欲しいのですが、なかなかコレ!と思うものがなかったので、いっそ好きなもの入れてつくっちゃおう!と。

でもほら、どういう風にパーツをつないだり、とか良く知らないので、
とりあえず物色に。

とりあえず練習で、本のしおりとか。
c0104234_1030431.jpg

マザーオブパールを染めたものとシルバーチェーン。

c0104234_10322933.jpg

インペリアル・ターコイズとシルバーチェーン。ぐるぐるっと巻いてるのはシルバープレートのピン。

・・・・修行だ。。。笑。

この後は、ジャーナリズムを勉強中のMさんと、50台?にして交換留学生のTさんと大人飲み笑。
私の専門が特殊なので、話を聞いてみたい、とMさんを通してお話がきて、今日の飲み会となりました。

だんだん、居心地がよくなってきたというMさんに対し、
イギリスのいい所って見つからないよーというTさん。はて・・・。

ま、人それぞれです。

日本に対してだって思うけど、いい所も悪い所も含めて総合して、なんかいいかな、ていう気持ち。
そういう気持ちで、私も暮らしている気がします。

明日は朝早くからSt Davids day関連のイベントだー。
もう寝ます!
[PR]
by yn-cardydd | 2009-02-28 10:34 | イギリスの日々
今日はまっすぐおうちに
月・火と仕事して、水・木・金がお休みになる予定が
木曜にも仕事が入り、そして昨日は朝からビザ関連で出かけたので
仕事がある日と変わらない時間に起床。

お休みの日となるととにかく11時近くまで寝るワタシ・・・
今週はなかなかたっぷり眠れず。

うん、何か疲れたね。

そういえば最近は(細菌のほうが先に出る私のPC、何事だい・・・)
お出かけしよう!とちょっと日帰り旅行してみたり、
カフェにちょこちょこ寄ったり、
せっかく卒論が終わったんだからと動いていたけど


今日はまっすぐ帰って休もう。うむうむ。
明日は明日で約束もあることだし。土曜はまた仕事だし。

てなわけで、仕事帰りにThornton’sでチョコを買ってみた。
自分へのお土産。
c0104234_839197.jpg

シャンパン味だって。
中にとろーりとろけるフィリングがはいっているのだ。んまーい♪


(・・・洗い物でネイルが剥げ剥げ・・・・うう)
[PR]
by yn-cardydd | 2009-02-27 08:39 | イギリスの日々
それなりに色々ある日
今日は決まった用事が2つありまして。
私にしては、珍しい。

ええと、最初は面倒ながらUK border agencyの最寄オフィスへ。
今、留学生は指紋と写真を撮らなきゃいけなくなってね。

ロンドンのオフィスとかだともっと待たされるんだろうけど、
それなりにスムーズにすすんだ。田舎万歳。

そして一度家に帰ってご飯をたべよう、とか思っていると、
最近できたチャリティショップが目に留まる。お店の外から見えるボルドーのカーディガンが気になっていたのよね。

でもサイズがどうかな・・・とか思ったら、なんとぴったり。うほ。
そして、他の服をみていると、、、

おお?
飛行艇乗りだ!!笑
c0104234_911225.jpg

これ、リアルレザーっぽい、と表示をみると、やっぱりレザー。

デザインもシックで、色もいいし、状態もよし。
皮ジャケットが5ポンド(約650円)ですからネ!ひゃっほー。
ということで、お買い上げ。あとで気が付いたのだけど、フードは取り外し可能。
c0104234_9241788.jpg

ポケットのディテールもすきだ~。

そして家へ戻る直前、いつもお客が少ない個人経営のカフェの前を通る。
本当は今日はお金を使うまい、と思ったが、、、
お昼なのにお客のいなさげなカフェがかわいそうなので、入ってご飯をたべることにしました笑。
ひとりローカルカフェを救うの会。

でも、この後、おばあちゃんグループとか、その辺の工事現場のひとたちが来て
それなりに賑わいました。よかったね、マスター。

思いの外寒くなってきたので、早速ジャケット活用。
しかし、身長低い、痩せ型、セミロングの髪・・・に合わせるには甘々なスカートかしら、

というわけで
c0104234_9292963.jpg


さて、次の予定、ウェルシュのAとのLanguage Exchange。
しかし、ここで交換するのは英語×日本語ではなく、ウェールズ語×日本語。

気になっていたDw i'n (I am doing~)とDw i (I am)の使い分けだとか、
接続詞のandを意味するa/acがいつaで、いつacなのか、とか痒いところに手が届きました笑。
いまだにHwyl fawr(英語で直訳するとbig bye)とDiolch yn fawr(thank you very much)でのfawrの違いが分からないのだけど・・

yn fawrというときのynて何だろう・・・。Diolch fawrじゃだめ?て聞くとそれは言わないらしいのね。
ふーむ・・・。ま、いっか、これはもうそのまま頭から覚えてしまいましょう。

Aとの待ち合わせが院生用施設で新聞もあったのでGuardianをちょこっと読み、
ついでに図書館に寄って本を借りてきました(かばんさん、例のアレです!)。
くふ、大金はたいた末の大学院ですもの、延長した学生証は活用させていただくわ~。


何だかやりたいことはすごーくたくさん。
ウェールズ語はそれなりに会話ができるようになりたいし、
英語はもっときちんとしたレベルまであげたいし、
仕事もさがさないとだし、友達も増やしたいし、


とか言ってたら、一日は短いなぁ。ねえ?

c0104234_931173.jpg

カーディガンの袖だにゃん。
[PR]
by yn-cardydd | 2009-02-26 09:32 | イギリスの日々
で、見てきた!
今日は二回更新だっ。

はー見てきましたよ、The Reader。
Kate Winsletがゴールデングローブ、英国アカデミー賞、オスカーのハットトリックを決めた(The Times談)、The Readerでございます。


は~・・・・・


私は今日映画館で一体何回泣いたんだ!!

てくらい、David Kross演じる若きマイケルとともに泣き、
Ralph Fiennes演じる中年のマイケルとともに泣いた。
おーいおーいT_T(今日、マスカラしてなくて大正解)。


本当に本当に良い映画でした。
見てすぐに、これは絶対賞を取る!ていう前評判が納得だったなぁ。
もうああそうか、そうなのね!というポイントとか、色々あるけど、
ちょっとでも話すとこれから見る人の感動の一部をとってしまうかもしれなくて、もったいない。
その雰囲気の一瞬、一瞬から見る前の人には漏らしてはいけないのでは、ていう感じ。

だから、とにかく見て~!そんで感想を語り合おうよう!笑

Kate WinsletもRalph Fiennesもイギリスの俳優さんで、クリアな発音だし、
David Krossはドイツ人俳優で、この映画のために英語をレッスンしたそうなので、
みんな比較的聞き取りやすかったな。

いや、私が言うと信憑性が低いんですけど笑(←前科有り)。


でもま、へっぽこリスニングでも1年目よりは全然良くなったよなぁ。
私がこっちで初めて見た映画はThe Holiday(これもKate Winsletが出てる)で、
映像があるからストーリーや重要なことはわかって、笑ったりしてたけど、
セリフなんか長めのは殆ど聞き取ってなかった気がする。


とにかくですね!The Readerは必見ということです。見てね!(←宣伝?)
[PR]
by yn-cardydd | 2009-02-25 08:14 | 文化部活動
ということで、訂正。
えー昨日のエントリーでございますが、
8歳といったのを、8年前と聞き違っていたアホが居りましたので、
訂正。

全部訂正してなかったことにしようかと思ったんですが、
ま、もうアップして1日たっちゃってるし!!

というわけで、開き直って恥をさらすことといたします。うふふふふふ。

Kate Winsletはですね、
子どもの頃からこのオスカーで賞を取るシーンを夢見ていた、と語り、

「たぶん、8歳くらい、かしら。バスルームの鏡の前にたって、
これ(オスカーのトロフィー)はシャンプーボトルだったけど、
今はシャンプーボトルじゃないわね!」

て言ってるんです・・・てへ。

さて、ここで、言い訳(堂々の宣言っぷり)。
私、昨日の時点では、テレビニュースのダイジェストで1回ちらっと見ただけなの。


・・・・しかし、今You tubeで見たら、思いっきり
くっきりはっきり「8歳」つってるな。言ってるね。言ってるとも。
8年前なんてどこをどう、ききまつがったんだ。



・・・・
・・・・・・・


・・・・えっとー、英語勉強しまっす。

ちなみに、最後の方は
主演女優賞ノミネートの女優さんたちを前に
「この女神たちにも感謝を!私たち全員、ほんっとに信じられないわよ!メリル・ストリープと同じカテゴリーにいるのよ!ごめんなさいね、メリル!でもあなたはこの事態を受け入れないといけないわ笑」

なーんて言って、またまた皆大うけして爆笑しておりました。
(ええ、今念のため3回くらい聞いて確認しました笑)

また感極まって、涙があふれそうになる一瞬、
会場から拍手がそっと起こります。

がんばれ、って言ってるみたいで、もうこっちが泣けてきちゃう~笑(注:ここは学校)。


マフラーで涙をかくすhahiuであった。

というわけでこれからThe Reader見てきます!(まだだったんかい)
[PR]
by yn-cardydd | 2009-02-25 03:00 | てれびっ子生活@イギリス
オスカーもおめでとう!
今年はイギリス映画が映画産業を席巻!なニュース。

オスカーもゴールデン・グローブ、英国アカデミー賞に続いて
スラムドッグ・ミリオネアが8部門を受賞。
実はまだ見てないけど・・・・笑。

ちっちゃな子役の子達がインタビューされて、
小生意気にも大人みたいな動作するのね笑。ほら、わかるでしょ、とかいいながら手をぱっと開いたり。
これ、周りの大人がインタビューで答えるしぐさを見て覚えたんだろうなぁ、って
分かるものだから、可愛くって。

どうしようかなー劇場で見たほうがいい!ってタイプでもなさそうな。
DVDになるの待とうかな。


そしてそして!!
Kate Winslet(日本語表記がケイト・ウィンスレットなのでイギリスくるまで気が付かなかったけどウィンズレットなのね・・・がびん)はまたも最優秀主演女優賞!きゃ~。

今回もまた興奮気味に受賞スピーチで語り、
「ああ、私もう8年もね、お風呂場の鏡の前でこれ用のスピーチ考えてたの、
その時はシャンプーのボトル抱えてたけど。でも今はシャンプーボトルじゃないのね!」って笑。

ああ、なんて素敵な女優さんでしょう。
気取って気の利いたこと言おうとしてるんでもなく、
ホントにお風呂場の鏡の前で練習してるんだろうな、って思っちゃいますよね、この人が言うと。


今日はまた学生料金な新聞を買いに、バイト後に学校に寄ったのですが、
Kate Winsletが表紙なので、今日は迷わずThe Timesだ!笑。

さ、じっくり読もう~っと♪
[PR]
by yn-cardydd | 2009-02-24 07:55 | てれびっ子生活@イギリス
出かけてみるもんだ。
ふと気が付くと午後5時・・・。私は今日何をしていたのか・・・。

昨日は具合が悪かったし、2日連続ひっきーはどうよ!
それでなくとも普段からお友達のすくないhahiu。
偶然街で知り合いになる、なんて殆どないけど、出かけなければ今日の出会いはゼロよ!


というわけで、夕方ながら出かけてみる。
特に目的地もなく・・・バイトの同僚yosちゃんに電話しながら。

私ね、悩みがあるんですよ。たぶん、ずーっと同じ。
人付き合いが上手くないっていう。新しいひとばっかりのところに行くのは苦手だし、
新しい人と話すのも苦手だ。

あと短気なとこも悩みですが、ニコニコとナイスな人間でいる、なんて一生無理な気が。
でもいつもニコニコ、朗らかな女の子たちを見ていると、そりゃーこうあるに越したことはないよなぁ。

てなことを、yosちゃんに話しつつ。
でもyosちゃんは

「えー?べつにいんじゃない?そんなの」(←テキトー)
「あそー?じゃ、いっかぁ。」(←こっちもテキトー笑)

yosちゃんが男なら彼氏になってもらうんだけど笑。

日曜のヨーロッパ諸国はですね、5時を過ぎたらほぼ何もございません。
一部のスーパーと、スタバくらい(それも殆どの支店は閉まっている)。
というわけで、シティセンターのスタバに入るも、そこも閉店間際だったので、
紅茶をテイクアウェイで。

お店のおにーちゃんと
"Busy day?"(忙しかった?)
"Well,,, not really, he he"(うーん、そうでもない、へへへ)
などと、お客と店員の典型会話みたいなのを交わし、
”Take care”
というおにーちゃんの笑顔が可愛かったので、
客の前で堂々疲れた様子も許してやろう、などと上から目線で思いつつ早速帰途へ。

うむ、あのスタバは可愛い男子がよくおるのぅ。また行こう(←)。


何だかそれだけのために出かけた無駄さ加減が我ながら面白くなって、
午後5時までの虚無感もどこかへ。

そしたらさ、数少ない私の友達にばったり。
あれーなにしてんのー。

友達をまってる、という彼女と、紅茶を飲みつつ立ち話。
で、話の流れで彼女のお友達のタイ人PhD生と3人で食事へいき、
またまた流れで同じ通りのカフェバーへ。

帰りは11時半くらい、という、結構なお出かけ日となったのでありました。

そんなこんな、でめでたく新しいおともだちゲットー。
[PR]
by yn-cardydd | 2009-02-23 11:18 | イギリスの日々
イギリスで手に入る和食的材料
それなりの規模の都市なら日本食材を扱うお店があるので、
まあ、イギリスっていったってそんなには困らないのです。
中国系のスーパーとか、Tescoでも最近はかなり取り扱いが増えているし。

でも値段は・・・ま、高めで。

なので、スーパーで、割と安価に手に入るもの、について。

しょうゆ=日本のは高いのでつい中国製。日本以外の国の醤油ってへんに甘い。シロップ入ってたり。
友達が、これはどうしてもダメだった・・・と譲り受けた韓国の醤油は匂いがきつかったり。
なので、成分表示で塩、水、大豆、くらいで砂糖の入ってないものを選びます。

ねぎ=スプリングオニオンというのがあります。ちょっと日本のネギより肉厚で繊維が固めかも。
でも問題なく同じように使えます。あ、hahiuは西日本出身のため、ねぎは関東で言うところの「あさつき」を指します。お味噌汁に入れたり、ぶつ切りしてしょうがと炒めて粉末だしを絡めたり。

長ねぎ=これはリークで代用。まあ、これこそ似て非なるものの代表みたいだし、味も違うけど、、、特に繊維が硬い。なので薄めに斜め切りして使います。しょうがのすりおろしとバルサミコ酢で炒める、とかよくやります。

さば・いわし=缶詰多用。これが30pくらいからあったりして、安いんだな。南蛮漬けしたり、ただ焼いて醤油をたらしてご飯にのっけてねぎをぶっかけたり。

お酢=米酢が高いので、サイダービネガー。今はドイツにいらっしゃるりささんの旧ブログ・「紅茶の国から」で紹介されていて、感動して買った笑。ちゃんと酸っぱいから和食にぴったり。

お米=最初は思ったより高くなかったけど円高だし、日本食屋さんまで買いに行くのも面倒・・・ということで、イタリアのリゾット米を最近は使用。ふっくらして美味しいです。日本米より手ごろな値段だしね。500g=1ポンドくらい。

にんにくやしょうがも、大抵のスーパーにあるし、オクラもアフリカ原産だから結構見かけるなぁ。
きゅうり(大きいけど・・・)、にんじん、じゃがいもはもちろんあるし、白菜も今は結構普通に出回ってます。

調味料を日本から少し持ち込めば(粉末だし、こんぶ、干ししいたけとか)、
かなり普通に毎日和食もできると思います。


今日はなんだか体調が悪く、ずっと頭痛で食欲がなかったけど、
晩御飯は和の味で回復。が、一日中寝てたので今寝られないっていう・・・てへ。
[PR]
by yn-cardydd | 2009-02-22 12:54 | イギリスの日々
昨日のおみやげ
昨日は予定が二転三転したので、図らずも色々なお土産ができました。

最初はこれ。水玉かわいい~。
c0104234_6392887.jpg

Pendoylan行きのバスが見つからず、本屋さんのカフェでお茶した後、
同じく本屋内にある文房具セクションで購入。
これをウェールズ語学習用につかおう・・・。


最初に着いてちょっとだけ見たのはCwmbranという街。
くむぶらん、と発音するものと思われます。

ウェールズ語っぽい。

そこのアートセンター&カフェから貰ってきたカードたち。


ザ、めぢから。
c0104234_6511226.jpg

Sue Williamsというウェールズの作家さん。
Williamsというのはスコットランドでイングランドに併合されるのに対抗して戦った人で、
元々は苗字をもたなかったウェールズ人、「苗字ィ?じゃ、Williamsにしちゃる!」ってなったそうで、
ウェールズにはこの苗字がたくさんいます笑。

c0104234_715121.jpg

うーん、モネの晩年みたい?な印象派ちっく。


お次はたぶん、ファブリックの作家さんのハガキだったか、、、
手帳に挟んだら良さそう!と思って。

こんな。
c0104234_785111.jpg


そしてChepstowのアンティークショップで昨日のエントリーにあるキーボックスを買って、



さいごに、2つの街を歩き、駅から家まで30分を往復した結果の筋肉痛が
結果として待っていました、とさ。

今日こそ早く寝る。ぐー。
[PR]
by yn-cardydd | 2009-02-21 07:11 | イギリスの日々
で、肝心のChepstow
*2連続のエントリーにつき、どうか前の記事からご覧下さいまし。


折り返してNewportにつき、構内で1時間暇なので新聞を読む。
中年サラリーマンかい。

しかし、私あのヴィクトリアンなワンピにあのケープ、でタイムズを読む笑。
注目を集めていたのを感じつつも、しらぬふり。


やっとついたーChepstow!!
c0104234_957138.jpg


野生の勘のまま、突き進むと教会。
c0104234_9593271.jpg


あっ、お城!
よっしゃあれを目指そう~
c0104234_1012618.jpg


と歩き出したところで、中心街(これもとても小ぶりな)を発見。
雑貨やさんや、セレクトショップなど、気になったところをちょこちょこ見ていると、
アンティークショップ発見!!
ふふふ、ジャンク系アンティークショップ、掘り出し物の匂いがするわ~

で、これ。
c0104234_1062763.jpg

キーボックス。かわいいでしょう。
お店の痛恨のミス。値段シールをこの表面に貼り付けていて、そっとはがしても絵の具がすでにシールに張り付いていて、はがれてしまった・・ので、ドライフラワーをくっつけてみた。
Conservationをやるものとしては、いくら安物でもアンティークに直接シールはるなぞ言語道断じゃー。

これを買ったのは、こんな感じで、アクセサリーホルダーにしようと思って。
c0104234_107175.jpg

でもその前に、壁にかけられるように何か金具をかってこなきゃな。

あ、そうそう、お城もみにいこう。こっちらしい・・・
c0104234_10143749.jpg



じゃかじゃん。
c0104234_10172116.jpg

あの上からロボットがむくっと起き上がって、、、で、飛行石があのへんに落ちてくる、と。
ウェールズはラピュタ製作に際し、監督が大いに取材したことで知られております笑。

まわりはワンコの散歩コースにもなっていて、地元民とすれ違う。
散歩中のカップルにもすれ違う。

中、実は入れるんだけど、なにせほら、3時間もかけちゃったから閉まっててネ。
ま~またの機会で。

歩きまくったので、帰る前にお茶。
Coffee#1という、ウェールズ発のチェーン店です(まだ11店舗だけど)。
ここにバイト応募したことがあって、サイトをチェックした時からChepstowのお店の概観写真が気になってたんだ~。

概観もステキだったけど、中もいいかんじ。
c0104234_10403861.jpg

しばし読書した後、すっかり暗くなったChepstowを後にしました。

帰りは乗り換えなしの一本で!笑。
c0104234_10434894.jpg

最後は熱唱コンビの白ひつじ・黒ひつじさんでどうぞ、「北酒場」笑。
[PR]
by yn-cardydd | 2009-02-20 10:47 | 旅・回顧録