<   2009年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧
誰だっけ?
今日も元気におしごとごとごとー。


と、働いていたところ、ウェイトレスのれいちぇるに何か聞いている男性に眼が留まる。

あれ・・・?あの人どっかでみた・・・
大学の職員か?いやいや、違うなぁ・・・
誰だっけ、絶対あの顔を知ってるはずなんだけど。。

顔中???になりながら、れいちぇるに、出来上がった料理を渡す。
よっぽどその場で聞きたい衝動にかられたけども、お客さんもいるころだし、我慢。

もしかしてお馴染みのお客さんか、ちょっとなの知れたひとか何かかなぁ、、
同僚のBoに確認してもらおうかな。「ねぇねぇ、今さー・・・・・・・!!!!」

ああ、あの人だよ、あの人!
c0104234_8361712.jpg

このひと!!!

え?知らんって?
私の知る限りでは、Love Actuallyとナニー・マクフィーに出てます。
でも両方、かなりちょい役なんだけど笑。

しかし、この個性的な顔、、、、忘れるはずもない。。
特にナニーマクフィーはイギリスのテレビでやってたのをたまたま録画して何度も見たので
チョイ役ながらも顔を覚えていたのだよ。

ちなみに、最後の結婚式にでてくる神父さんの役(笑)。


・・・ホントにチョイ・・・笑。

でも、ちょっと調べて見たけど、結構いろんな作品に出ている個性派俳優のようです。


やーびっくりだねー。
おすしちょこっと食べて、やきそばをテイクアウェイでオーダーして、
私の作ったやきそば持って去っていきましたけど・・・。

はて。。。BBCWales製作のドラマにでも出演してたんかな。
こちらの出身ではないようだし。Dr Whoにでも出てるとか?笑


しかし、大役が少ないせいか、わたしが説明しても誰も分からなかった・・・・笑。
Adam Godleyさん、また来てね~。
[PR]
by yn-cardydd | 2009-04-30 08:46 | イギリスの日々
日常のひとこま
今日も元気にはたらくぞー。


というわけで、キッチン業務でほうれんそうのパックをかぱっとあけ、
ザルにわさっと入れた瞬間、ぽて。



・・・・・ぽて?

ざるのよこに、






c0104234_156885.jpg

かたつむりハイパーモード。
(動画はこちらから笑)


うそうそ、直径2センチくらいのふつーのかたつむりがいたんです。

おいおい、ほうれん草のパックにずっと入ってたんかい!!!
冷蔵庫にあったからか、なんか軽く仮死状態で、数分動かなかったけど、
ふと気がつくと動いていた。うぎょ。生きておったか!



しかし、キッチンにいてもらっては困るので、お外へさようなら・・・。
森へお帰りー。ちょっと遠いと思うけど!


さて、そんなお仕事後。
銀行にお給金を預け、チョコがほしいなぁ、、、とThornton'sを覗いたら、
入り口脇の棚からさっと棒つきウサギチョコをがさっと抜き取って走り去るガキ。

おお!?

もしかして、親が支払いしてるの?とレジを振り返るも、誰もおらず、
店員がひとりレジ周りの商品をつめかえていて、視線が下に向いている。

ありゃー今のけっこう取ってったんじゃないのー?


顔をみたわけでもなかったし、それ以上どうもできませんでしたけど。
何だかちょっとびっくりの日でありました。むん・・・。
c0104234_2144043.jpg

史上初、チョコレートビルボード(2007)

最近顔をみかけない知り合いにテキストをしてたんですが、
お返事とともにそっちは元気?と逆質問もかえってきたので、

「この不況でも忙しいなんてなかなか結構じゃないですかー。でもま、ストレス溜め込まんようにね、若紳士くんよ!」

と返事する自分。
年はそれなりでも、見かけは若いからなぁ、私・・・
若紳士くんは職場で噴出したかもしれない笑。


以上、本日の日常のひとこまでした。
[PR]
by yn-cardydd | 2009-04-29 02:17 | イギリスの日々
イギリスにきてから
何となく振り返り。
誕生日で節目を迎えたからかなー。

は、誕生日といえば、皆様、メッセージをどうも有難うございました。
このブログとか、携帯やPCのメール、フェイスブックなどでおめでとうを言ってもらって
とっても幸せです。ふふふ。

イギリスにきてから色々ありましたが・・・
とりあえず大学院のほうは卒論終了までどうにかこぎつけ、
就職活動をする段階にまで達したけど、英語ってまだまだなんよねー。

確かに、1年目のときよりだいぶマシではあるんだけど。
テレビも、映像でどうにか理解できている、という段階ではなく、
言っていることをそれなりに理解はしていている。
1年目の自分と全然差があるな、と感じるくらいには違う。

だけど完璧には聞き取れない。
たまには全く分からないこともあったり、もう一回いってもらったり。

新聞も、本も、毎日のように知らない単語に出くわす。
(これに関してはちいさんのブログで英語が会話で必要とする語彙が少ないということをかいてらっしゃって、納得・・こんな言葉、他人の口から聞いたこと無いんですけど!とか思うもん)

英語でニュースも本も読んで、映画なんかも見て、
その場に適切な語彙をもっと豊富に身に付けなきゃなあ。。


さて、イギリスにきてから、私という人間は成長したのかなぁ、と考えると
何かあんまり・・・とか思って胸がぎゅっと縮まる気がします。

2年以上たってから、私はこちらでの人間関係にとんでもなく失敗したことにある日突然知って、
わんわん泣いて、すべて手放して、しばらくぼうっとしました。

それで、ちょっと落ち着いて、マンチェに居るMさんとか、カンタベリーのともえちんとか、
同じカーディフに居るけどさほど日本人同士の繋がりに関心がないっぽいYosちゃんとか
(かといって日本人を拒否するというかたくなさもないというところがいいのよね、Yosちゃんは)、
こっちで初期から知り合いになった中でいちばん信頼していたロンドンのYくんとかに

がーーーーーーと恥も外聞もかなぐり捨てたお話を聞いてもらって、
さて、がんばろうか、と思い直して、、、


でも、どうかなぁ、がんばれてるかなぁ。


ま、そう急に変わらないか。

2年半前を思い返して、(納得のレベルでなくても)英語力が確かに違うな、と思ったみたいに、
2年半後に自分を振り返ったら、納得のレベルでなくても確かに違っている、といいなぁ。


この前のYosちゃんがくれた誕生日プレゼントの魔法のランプと、一緒にもらった小物入れみたいなのがあったんだけど、それをよくいく雑貨屋さんで見かけた。

私のすきなものをちゃーんと覚えてくれているのねぇ、とそれで嬉しくなった。
それに、誕生日のプレゼント探しでそうやって好きそうなものを探して、Yosちゃんはうろうろしてくれたんだ、とか思って。


最近、私がたまたま、誰かの好きなものを覚えていたら、とても感激してもらえたり、
本当にいいと思ったから素直に感想を伝えていたら、いつも暖かい言葉をくれる、と言ってもらえたり、
そういうのが続いてふと思ったのですが、

それは私がその人たちを敬意をもって見ているからなのよね。
べつに暖かくしよう、いいこと言おうとか思ってなくて、したいことをしたのです。

というわけで、私は向いても居ない社交的な人間なんて目指さずに、
私が自然に敬意を持てる人をそばに見つけ、付き合っていけばいいんだ、と
30歳になって思うわけです。

なーんてな。わは。


でもほら、自然に現われる感情に従う、というのがいちばんいいし。


ああ、ようやく答えが出たなぁ。すっきり。

というわけで、明日からは通常短文系ブログでいきます笑。

追記:最近、髪の毛が以前より茶色い気が・・・・硬水のせいか!?進化?老化?教えてダーウィン!笑
[PR]
by yn-cardydd | 2009-04-28 04:09 | イギリスの日々
シェイクスピアがうまれたところ
さて、4月24日はわたくしhahiuの誕生日でございました。


で、4月26日はシェイクスピアの誕生日です。
ふーおかげで田舎町のB&Bはどこも満杯!いくつも電話をかけまくって、
仕方なくユースホステル。

日本ならまだしも、イギリスの田舎は交通の便が悪いので、
辺鄙なところにあるユースには出来れば泊まりたくなかったのですが・・しかもここのユース高い。

さて、今回はカンタベリーのとき以上にひどい行程!

カーディフからロンドンまでまず3時間半、ロンドンからバーミンガムで3時間。
そしてさらにバーミンガムからローカルバスで目的のストラトフォード・アポン・エイヴォンへ!

でもバーミンガムでこのローカルバスがなかなか来ない・・・30分は遅れたな。
長距離コーチは出発時間に関しては恐ろしくキッチリなので、久々のイギリス時間。
おかげですぐ側にあったファーマーズ・マーケットを物色して、なんと長いも発見!!

誕生日に長いも買う・・・・笑。


わたくし、人生最後の晩餐は絶対にとろろかけ・麦飯ときめております。
よって即・購入!!ああ、もっと買えばよかったなぁ!
(カーディフのマーケットにもよくあるホワイトヤムなんかはとろみはそっくりだけど渋いのでそのまま食べられない)


・・・あ、そうそう、ストラトフォードの話でした笑。
c0104234_326578.jpg

お写真はこちら参照。
タウンセンターの一角で、シェイクスピアの生家、ショップ、シェイクスピアセンターなどが並んでいます。

ちょっとタウンセンターを一回りし、シェイクスピアの生家だけいってみることに。
ホントは孫娘の家だとかいろいろあるんですが、駆け足でめぐるのも何なので、
今回はここだけ。

シェイクスピア関連のものはShakespeare birthplace trustという団体によって管理されているそうで、
さっそく帰ってからググってしまう。仕事募集出してないかなっ(←)。

お家の中は16世紀の時代を再現したものでいっぱい。
皮のバッグだとか、タペストリークッションだとか、もう好みのものがうはうはで大変でした笑。

時代の衣装で解説してくれるスタッフのおばあさんが可愛くて、
「団体客が控えてるんだけど、個人客の方がいいわね!うふふ!」とか言って
大サービスで長々と解説してくれました。

銅っぽいシグネットリングをつけていらっしゃって、興味津々。
ああいうのもいいなぁ。

最初に解説がはいる客間が、最古のもので、「確かにシェイクスピアが歩いたといえる唯一のフロア」といわれ、
思わずこつこつ、と足踏みする単純者であった・・・。


さて、ひたったところでいい時間。
そろそろユースにいったん行かないとーと思ったら、
シェイクスピア生誕で盛り上がるストラトフォード、パレードがちょうど始まりました。

どうもどうも!誕生日祝いありがとう!
とか都合のいいことを心でつぶやき、演奏を楽しみました。へへへ。

疲れているのに3キロ歩き倒してユースにつき、とんぼ返りでまた街へ。


そしてお待ちかねの初シェイクスピア、しかもロイヤルシェイクスピアカンパニー!
誕生日にやっていたのが喜劇でよかった・・・。

お客さんを巻き込む演劇の面白さ、ひさびさに体験しました。
最後の方で、男装のロザリンド、ロザリンドと結婚したいオーランド、男装のロザリンドに惚れた村娘(?)と村娘に惚れている村男の4つ巴+ロザリンドのお父さんが居るシーンで、

「ええと、アナタ(父)はロザリンドが明日オーランドとの結婚を望めば同意して、アナタ(オーランド)は明日ロザリンドがアナタを受け入れればここで結婚する、と。でアナタ(村娘)は私(男装)を受け入れれば私と結婚して、でも受け入れなければこの心優しい村男と結婚する、と、こういうことでいいね!?」とか2回繰り返していってるうちにややこしくて混乱して、お客も爆笑。

イギリス人なんだからみんな基本はきっと知ってるんだろうにね。
(学校で絶対習うし、エッセイも書かされる)
お約束で笑うって、案外たのしいものだなぁ。

そんなことが分かるなら、年をとるのもいいものね、、、
とか思うのが30代ってものか?ははは。


あー楽しかった!
にゃんこがシェイクスピア劇の衣装きているポストカードを買ったので、
同じく4月生まれの母に送ろうと思います。

ベッドに寝転がって、すぐそこに見える窓辺の桜をみながら手帳に思い出を書き、
翌日はお昼のパレードを見てからまたバスを乗り継ぎ・乗り継ぎで帰ってきました。

最後のカーディフ行きのコーチでは、Eチケット4つを1枚に縮小印刷してたので、
「なんだこりゃ、ぜんぶ関係してるのか!?」とスコティッシュの運転手に笑われる。
この運転手がまたおもしろくて、間違えてメガバスのお客がきたとき
「君らのバスはあっちだよ!俺の敵だよ!」とか言って案内してたり、
カーディフに着く直前のアナウンスで「荷物は忘れずにね!ところで俺、スコティッシュでね!」とか喋り始め、車内爆笑。

最後まで面白かった・・・。
そしておうちでハウスメイトに誕生日おめでとうを言ってもらい、がーっと寝ました。

さ、怒涛のおでかけ月間があと数日で終わり!
がんばって働くぞー。
[PR]
by yn-cardydd | 2009-04-27 05:20 | 旅・回顧録
カンタベリーその2
学生生協で水が20p、わーい安い、と買ったらあとでスパークリングだと判明(炭酸入り)。
苦手なんだよ・・・炭酸だとどうしても舌が甘みを期待するせいか、無味の水が苦く感じる・・・。


・・・・さておき。

折りよくともえちんが写真を送ってくれたので
(しかし私がともえちんのカメラで良く分からんものを撮りすぎているからか、何枚かカットされている笑)
いっきにふりかえりまショー。

かばんさんとあゆこちゃんと3人で遊び、
ブログで約束だったハイタッチまで交わし、
わうわう喋って、名残惜しみつつはぐはぐ。

そしてあゆこちゃんの寮のお邪魔して、「何か辛い味のお鍋」を作ることに。
たぶん、豆板醤かな、で味付け。
c0104234_3491995.jpg

何だかとても赤い。。。。でもそんなに辛くないネーとどばどば調味料追加のひとたち。

パッチアダムスなんか見つつ、でも食べ続ける。
アメリカ英語を聞きつつ、イギリス人たぶんこうは言わないよなーとかふと思ったり。

帰って、また寝る前にPride and Prejudice(プライドと偏見、キーラ・ナイトレイ主演)も見る。
字幕をつけてみるも、英語の言い回しが古いので役に立つようなそうでもないような笑。
you are the last man in the world I could be prevailed upon to marry!

言わねぇ、言わねぇ。
アンタとなんか結婚するかー!で終るって。ね。


翌日、最終日は、エッセイを頑張るともえちんは図書館へいき、
私はあゆこちゃんと街へ。

待ち合わせ場所でこの前古書店で買った本を読んでいたら
c0104234_443644.jpg

c0104234_453595.jpg

ちょうどカンタベリーの街の名前がでてきてびっくり。すごいタイミング。。

さて、2人でこんな可愛いカフェへいき
c0104234_464869.jpg

お茶を頼むとこんなかわいいのが出てきた。
c0104234_47473.jpg

ポットの下にカップ。こういうのも1セット欲しいやね~。
c0104234_472784.jpg


あゆこちゃんにもたくさん付き合ってもらって、面白そうなお店を覗いて、
高くて手が届かないようなものなんかも見つつ、楽しみました。
小さくて可愛いお店がいっぱい。
c0104234_4114075.jpg



さ、明日はシェイクスピアを見に、ストラトフォード・アポン・エイボンへ。
片道1ポンドの高速バスを乗り継ぐからこそどうにか行ける、極貧旅行。
お誕生日だがゴージャス感はあんまりないかも、ははは。

ま、いっかー。
お誕生日おめでとーありがとー(自分で言う)。
[PR]
by yn-cardydd | 2009-04-24 04:15 | 旅・回顧録
教会と、はじめましてのにちようび。
c0104234_23442815.jpg

なぜかジャケット写真風?な一枚。

日曜は教会へいったのさ。
教会っていっても、それはケント大学のキャンパスの中にあって、
ふつうーのモダンな建物の、講義室みたいなところ。

中に入ると、讃美歌よりももっとモダンな、
でもゴスペルほどワイルドでもない(←以前ゴスペル習ってたの)、
なんだろうね、カントリーソングみたいなのを皆でいっせいに歌っているではないですか。

イギリスでこういうのは予想してなかったから、ちょっとびっくり。
アメリカだとガンガンありそうなイメージ、かも。

で、合間にいろいろお話などあったりして、終ったあとに
クリスマスに来た時知り合った皆で記念写真とったのが上のです。


このうちの1人に「少しやせましたか?」といわれる。
・・・痩せてない・・・笑。ていうかちょびっと増えたよー?

なぜか久しぶりに会う人に「また痩せた?」と言われるのですが、
多分、成長期以降は5キロ以上の増減がないと思います(父・兄もそんな感じ、しかし母はコロコロ笑)。


さて、せっかくケント大学なんだからここで待ち合わせちゃおうー
と、ケント大の文学部に通うかばんさんに、あゆこちゃんが連絡。

というわけでたいめーん(写真は現在ともえちんOrあゆこちゃんが持っているはず・・・
「後はまかせた!」とあゆこちゃんに記録係をお願いした私。。。)

先日カメラまで壊れたので、全くもって記録写真がございません。
今週末のお誕生日ひとりシェイクスピア鑑賞の旅はどうしようかね~(フィルムカメラならあるけどフォーカスがあまりできん・・・)。

ぷぅ。

残ったの、こんなのしか・・・
c0104234_085370.jpg

「物欲しそうにケーキのディスプレイを見るわたし」を撮ってくれ、とあゆこちゃんにお願いした一枚(笑)。
何をやっている、(もうすぐ)三十路!!

ケント大学をぐるっと見て、何だか北大のキャンパスみたいだな。
中央ローンのジンギスカンパーティとか思い出しちゃう。

かばんさんの知っているインディアンレストランへてくてく歩いてついた時には
3時はまわって・・・いたのかな??テスコで買い物もしたしね。

きっと後日、かばんさんが写真とともに更新してくれるから(人任せ~)そちらを期待ってことで。てへ。


カレーとポポドムでお腹いっぱいになった後、街を散策。
かばんさんお気に入りのカフェへ行きたかったのだけど、お休み(翌日も改装中でお休みしてた)で、
3人でパブにいってお茶とワッフルを頼んで分け分け。

見るからに美味しそう・・・
c0104234_0204152.jpg

普通にお昼時間にランチしてたらきっと小腹もすいて、ひとり1個食べられたかな・・・。

をんなのこ話に花をさかせ、
ていうか、ちょろっとあゆこちゃんとかばんさんが話し出したのをきっかけに
根掘れー葉掘れーの勢いでお伺いさせて頂きました。ぐふ。

私もシェイクスピア鑑賞しにいったらナンパでもされないかしらー笑。
そしたらブログネタにするのに(←)。

お、そろそろ良い時間になりましたので(仕事にいくのに)これでお暇。ばははーい。
[PR]
by yn-cardydd | 2009-04-23 00:32 | 旅・回顧録
そんなわけでカンタベリー再訪
さて、昨日の夜10時過ぎくらいにカーディフ着で帰ってきました。

ウェールズで私の通っていた大学の短期語学コースを受けていたともえちんを訪ね
「カンタベリー行ったことないし、宿代かけずにいけてラッキー☆」とクリスマスに来たのがはじまりで、
いろいろ縁もできたことだし、再訪というわけであります。

長距離バスの長旅なのでお昼とおやつを作っていたら
うっかり乗り遅れそうなタイミング。いざとなったらタクシー!とか思いつつ
シティを駆け抜け、どうにか間に合った・・・(運転手は「さ、いくか」とハンドルに手をかけていた笑)

そして夕方、カンタベリー着。
ともえちんがバッチリ、停留所に待っていてくれました。

いったんともえちんのお家へ行って、頃合になったらテスコに寄って、
土曜恒例らしい「グローバルカフェ」なるものに行くはず、であったのですが、、、、

何せ、ともえちん、ひっぱりだこ笑。
帰国直前の中国人が訪ねてきてお茶、コースメイトが電話してきて途中寄っていくことになったり、
その途中にまた別の知り合いに呼び止められお話したり、肝心のコースメイト宅では
お茶にサンドイッチにお菓子・・・。

で、テスコに寄ったときには9時前。

直後に、ともえちんの大家さんにも会う。
小さな町とはいえ、ほんとに良く色んな人に会う・・・。

グローバルカフェという、色んな人種の人が集まってお茶したり、何か催しものしたり、という集まりへ
ようやく参加したのははて、何時のことだったやら。

なんとなく、アンドリューという、おじいさんと、ともえちんとお話が始まり、
日本の天地創造の伝説はどういうんだ、とか聞かれ、そりゃー古事記とか日本書紀の話のことかしら・・
と説明してみるも、うろ覚え。だって、かみさまの名前が長いんだもん笑。

そんで、神様が結婚して島がうまれてー、、
とか話したり、日本には八百万の神様がいるっていわれてて、あなたのそのメガネにもメガネの神様がいるってわけよ、とか言うと同じ「God」という言葉を使っていても意味が違うんじゃない?といわれる。

うーん、、、、でも神様は神様。。。。

階級はあるのか、とも聞かれた。
ホラ、キリスト教の天使には階級があるし。

しかし、八百万の神に階級てあったっけ・・・・聞いたことはあまりないけど・・・
八雲で年に一度集まるのにもいろいろ階級が絡むのか!?



というわけで、アンドリューおじいちゃんの好奇心のため、
私は情報を収集したのち、メールを送る約束をすることになったのでありました。

・・・明日やります。きっと。

これから仕事なので、続きはまた明日、なのであります。
[PR]
by yn-cardydd | 2009-04-21 23:44 | 旅・回顧録
かわいい指輪探し
旅にでる、といいつつブログ更新。

いえね、パソコンのモニター部分を120度くらいに傾けて
かつ照明が良く当たる位置、もしくは窓辺の直射日光の当たる位置に設置すると
どうにか白い画面に映る情報はそれなりに見えるということが分かってきたので、
どうにかこうにかネットができなくもない。

・・・写真はかなり見づらいけど・・・。

というわけで、今eBayで見ている気になるアンティークの指輪たち(買ってない)。

c0104234_9252726.jpg

エナメルの指輪。かわいい・・・そして最初の最低価格も安い。
まあ、一人Bidしてるので、直前でボンボン値が上がるんだろな。

はい、お次はこれ。
c0104234_928731.jpg

カメオも1つは欲しいとこだね~。ピンきりだけど、これはお値段の安いもの。
でもカメオってそれなりに見える、素材やデザインがすぐれたものなんだなぁ。

そいでそいで、すごーく欲しい、コレ。
c0104234_9343362.jpg

かわいくて、ちょっと大人っぽい。
「石(長方形もしくは円形で赤)が真ん中にあって、額縁のように縁取りがあってかつそれが鈍い色の金」
という、自分が探していた条件に合う・・・

ん?影響元はThe DuchessとV&A Museumですよ?笑

そうそう、これもデザインが秀逸。
c0104234_10185945.jpg

思わずうわっかわいい!と身を乗り出すデザイン・・・
でもこれ、シッピング費用が高い。おまけにさすがに欲しがる人もおおいみたいで
値段が上がりつつあるし、、いつかまた会えたらいいね!てことで!笑


カンタベリーでもアンティーク屋さんを覗いてみようかなー。
[PR]
by yn-cardydd | 2009-04-18 10:24 | アンティーク
ちょっと旅に・・・
明日は朝からコーチ(長距離バス)に乗ってカンタベリーへ行ってきます。
安いから、ビクトリア(ロンドン)で乗り継ぎっていう、なかなかの長旅です。
カーディフ-ロンドンが3時間半、ロンドン-カンタベリーが1時間半くらいかな?
で、あいだに待ち時間あり、と。

c0104234_3282569.jpg

イギリス地図は右向きの恐竜さん。
右下の足先あたりにカンタベリーがあって、そしてずっと西のカーディフから旅立つわけです。

今週はお天気がくずれがちだったけど・・・明日は晴れるといいなぁ。


ウェールズで知り合いになったともえちんを訪ねてクリスマスにカンタベリーへいき、
そこであゆこちゃんとも出会い、またもう一回遊びに行こう、ということに。

今や文通仲間となったかばんさんとも会える、ということで、
いろいろ楽しみです。ふっふー。
[PR]
by yn-cardydd | 2009-04-18 03:45 | わたくしごと
魔法のらんぷ
今日は魔法のランプをもらいました。

もわわ~ん・・・(←ジーニー登場)

c0104234_621919.jpg

(画像、こちらのモロッコ雑貨店さんから拝借。何だか素敵っぽい・・・)

頂いたものと一緒というわけではないけど、とりあえず雰囲気だけでもお伝えしたく・・・。
メモリーカードとカードリーダーを一緒に無くしてしまったのもアレだけど、
まあ最近ずっとデジカメの方もそろそろ臨終が近いのを感じつつ騙し騙し使っているので
どっちにしろ写真がとれない・・・ああ、、、。


ま、気を取り直しまして。
Yosちゃんから、お誕生日プレゼントとして、ランプ型のペンダントトップを頂いたのです。ぐふふ。
私がちょこちょこ行くアンティークショップで買ってきてくれたのです、いいでしょ(←嬉しげ&自慢げ)。

Yosちゃんによると、このランプを買う時、お店の人は
「ジーニーが出てきちゃうかもよ」なんて言ったとか。おちゃめおちゃめ。

ランプ、小さいけどちゃんとかぱっと開くようになっていて、透かし彫りなので、
何かいれたいよな~そうだ、ポプリちぎって入れたらほのかに匂うし(透かし彫りだから)いいんちゃう??

と内心にやにやで考えていたら、うっかりお礼を言い忘れていました。。。
妄想注意。


それにしてもアンティークってところがいいよねっ。ふっふー。
実は粒状ビタミン剤とか携帯するのも面白いかも、、、、でも魔法のランプだからな。
ちょっとロマンチックでないな。


Yosちゃんと、一杯やってくかーと近くのカフェバーに入り、
大変愛想の悪い店員にラガーと梨とアーモンドのタルトを頼み(文字で書くとすごい組み合わせ、でもすごく美味しい組みあわせだった・・タルトが香ばしい味だったからかな?)、やる気がないせいか、IDも求められず、それはそれで助かりつつ、飲み食い堪能、いえーい。

ここのお店はとても食べ物が美味しい。
他から友達がきたらオススメしちゃうね。店員は時々だめだけど。
(男性の店員はとても感じが良かったし、この前いた女の人は感じ悪くなかった)

そしてほろ酔いの我らは、Yosちゃんがまだ行った事が無い、と言っていた日本食屋さんへ。
Yosちゃんが言うにはカフェバーに居た男性2人組みが同じく日本食屋さんにきていて、
私たちの後ろの席に座っていたのでした。

私、周辺視野の広いひとなので(体を動かすことなく見渡せる視野の範囲のこと)どうにか見れないかなーと思ったのですが、顔まで分からず・・・笑。
Yosちゃんが「桃色シャツの人がなかなかいい感じだよ」というので余計気になる・・・・笑

彼らは先にお店を出て行って、外に面したカウンター席(壁面はガラス張り)に座っていた私たちの前を通り過ぎる瞬間、桃色シャツさんはいい感じに

ニっ。


・・・と笑っていったのでありました・・・てへ。。思いっきり目が合ってしまった・・・笑い。

その後、でも私が好きになるのって、桃色シャツさんのようなチョイ悪系ではないかなーとかいってみたり、
いやいや、これからはもう、純で何も知らない系なんて結構です、それなりに経験もして、もう遊ぶのは過ぎたくらいが、、、などと好き勝手議論をして楽しみました。

プレ誕生日を楽しんだよ。
Yosちゃん、また飲もう~。
[PR]
by yn-cardydd | 2009-04-17 07:35 | アンティーク