<   2009年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧
かばんちゃんのお土産
というわけで、本文追加ー。

ブログ「大きなかばん」でカンタベリーでの留学生活を綴っているかばんちゃんが
カンタベリーへ戻る前にウェールズにも寄ってってくれました。

湖水地方やシュールズベリー(表記:地球の歩き方参照)でいろいろ買ってきてくれたのですー。
うほー。

c0104234_23433464.jpg

20世紀前半に出版された『鏡の国のアリス』の古い本。
c0104234_23434624.jpg

赤い表紙がかわいい。
かわいくって、「わあー」と目を輝かせてしまったので、
「欲しいですか?」と聞かれ、そのままもらってしまいました笑。

古本屋さんでいろいろ買ってきたんだってー。
かばんちゃんがこれと一緒に買ってた『やなぎに吹く風』(Wind in the willows)は
私の小学生時代の思い出の本。
c0104234_2504871.jpg

もう本当に遠い昔のことなのに、何でだかおとといのことみたいな感じで
読後感がよみがえる大好きな本。

こっちに留学してきてから、イギリスの作品だと知りました。
うちから歩いて15分くらいのとこにこのタイトルのパブ(居酒屋)があるし
(あ、かばんちゃん連れていくべきだった笑)、
児童書のところにもどーんと鎮座しているし、本国でもとっても有名で生活に根付いている作品なのね。


そんでしおり。
c0104234_2344896.jpg

背表紙といっしょにうつっているしおりは、湖水地方のベアトリクス・ポターの博物館で
かってきてくれたもの。私も行きたい。。。。

映画Miss Potterのなかで後半にでてくるポターが湖水地方に購入した自宅、
家具や全体のつつましい雰囲気、もう最高。。あのお家まるごと欲しい!笑

いつか身の丈にあったサイズのアンティークのお家を購入して、
自分の好みの家具や小物を揃えて、夢に描く世界をつくりあげたい・・・うっとり。


というわけで、かばんちゃんは、夢の世界にぴったりのアイテムもかかさず持ってきてくれた笑。
さすが抜かりがないぜ。
c0104234_23442763.jpg

ビクトリア時代の町を再現した博物館で、その時代の製法そのままに作られたキャンドルが売られていたのだとか。

ランプの中に入れなくっても、火がすぐ消えてしまったりしないんだって。
すてき、すてき、そういうの!

というわけで、かばんちゃんたら、私のこころをがっつり掴んで
またイングランドはカンタベリーまで帰ってってしまわれたのです・・・名残り惜しや・・・。


では、お次はかばんちゃん滞在中の2人のアクティビティについてレポートいたしましょう。



ところで、かばんちゃん、最後にテスコでかった瓶ビール、忘れていった?笑
[PR]
by yn-cardydd | 2009-07-31 23:45 | イギリスの日々
今更、ろーどおぶざりんぐ。
実は今までロード・オブ・ザ・リングを見たことがなく。。。

面白いのはわかってはいつつ、
長いので見るのが面倒。。。というかね。

うん、また今度、、、とかいつも思って。


はりぽたも、最初は3作目くらいから見はじめたけど、
そのころ見てなかったら見ないままだったかもなー。

しかし、かばんちゃんのウェールズ訪問中、
ロードオブザリングの話が出て、やっぱりみようかなぁ、と。
私、ずっとこれはアメリカンな英語かと思ってましたが
イギリス英語なのも嬉しい。


ま、3作見たら、そのあと買ったまま殆ど読んでない
The Hobbitも読み進められるやろー。


そういえば、ホビットの言葉はウェールズ語をヒントにしているとかいう話ですが、
映画の中に多少でてくるのかなー。
音声としてでてくるなら面白いんだけど。

はてさて、ふむー。
[PR]
by yn-cardydd | 2009-07-30 05:06 | イギリスの日々
あれ、前髪が・・・
だいぶ長くなってきて、
ピンでとめてないと目にはいってきてうっとおしい。
が、前髪がないのって、あんまり似合わん。。。
(すくなくとベストに見える自分、ではない感じ)


切ろうと思いつつなんだかんだやってると忘れてしまい、
さらに長くなったので先ほどきったところ、勢いあまって切りすぎた。

アレ、こんなはずでは・・・。
まゆにかかる程度のつもりが繭にぎりぎりかすらない程度に。


・・・
・・・・・・・・



ま、いっか。


わりとでこが広いので、眉毛からの距離があるとますますぱっつん感が増したに違いない
(そしてID確認率は9割以上になるだろう)けど、
さいわい眉毛よりすこーしだけ上なので、ちょっとさっぱり、という程度。
あと、わたしいつも縦にはさみいれるからぱらぱらっとしてるし、ま、よかろう。


さて、先週土曜からわがやに遊びにきてくれたカンタベリーのかばんちゃんが、
今朝、私が仕事へ出たあとにお帰りになられました。。。


ちぇっ。


でも色々はなしたり、遊びにいったり、ご飯たべたり、
たのしゅうございました。

ちなみに、私は部屋に鍵をさしっぱで仕事にでてしまい、
(かばんちゃんが私より1時間くらい?あとにうちを出たので、
部屋の鍵をしめず、そのため鍵のことも失念)
どうしようかと思ったけど、ハウスメイトのましゅーとこーなーがいたので、
運良くすぐあけてもらいました。ほ。


そんなうちのハウスメイトは今日はサッカーゲームで盛り上がっております。
4人のうち3人、20台の男の子だもんね(ましゅーはもうすぐ30だが)
もーわーわーいってやってます。

私もごはん食べながら観戦。

ジャスティンとコーナーがプレイしはじめると、
この前ジャスティンに負けたらしいマシューが「へーい、頑張れコーナー」と
ジャスティンむけの野次をとばしたり、

ジャスティンが首尾よく勝って、すたこら勝ち逃げしちゃうと
「ずるいぞーもう1勝負!」
「今日は他にやることがいっぱいあってね!」
「たかが1プレイ10分だろー!」
「だから色々いそがしいんだって」
「そんなこといってまだキッチンにいるだろー!」
「お茶わくのまってるだけ!」

ぶーぶー。


・・・お子ちゃまたちですよ!笑



えーにうぇい(Anyway)。

かばんちゃんのカメラでいっぱい写真もとったことですので、
ぼちぼち載せていきまする。
[PR]
by yn-cardydd | 2009-07-29 05:10 | イギリスの日々
卒業式編、最終。
まだちょっと続く、といいつつ後回しになっていた最後の
はりぽたごっこ写真。

さくっといっときましょー。

c0104234_594436.jpg

レストランの同僚、キャロルといっしょに写真をとって回りました。

キャロルも、来るといってた友達が2日前くらいにいきなり「ごめーん行けない!」と言い出したそうで、
じゃー一緒に写真とってまわっちゃう?という流れに。


そんで図書館せんにゅう。
メインビルディングの図書館は狭い階段をのぼるとドーム状のリーディングルームがあって
なかなか趣きがあるのです。
c0104234_5135454.jpg


はーまいおにーみたいに本読まなくっちゃ!笑
c0104234_515257.jpg


学術雑誌よむフリ。
c0104234_5154241.jpg


なんとなく後姿。
c0104234_517323.jpg

小柄すぎておこちゃまみたい・・・(涙)。

メインビルディングの裏口(いや、こっちが実は表?)のベンチ。
あんまり古めかしい建物がすくないうちの大学で唯一趣のあるエリアなので、
みんなこぞって写真をとってました笑。
c0104234_5185196.jpg

フェイスブックにのせてたら、マレーシアにいる友達から「この写真は額縁にいれて飾るべきよ!」と
お褒めの言葉をいただきました。

ま、このときは確か「あー腹へったー」くらいのことを考えていたと思う(12時ちょっと前)。


2年数ヶ月もかけた大学院生活、
学校の中だけじゃなくて、ほんとうに色々、いろいろあったけど、
夢の中の出来事みたいに思ってた卒業式は本当に私のものにもなった。。。

そういう、生活ぜんぶひっくるめて色々あったせいか、
壇上を歩く直前は心臓がほんとうにばくばくして、手が汗をかいて、
副学長と握手しなくちゃなのにわわわどうしましょ、と手を袴でふいてました。。。
(そこんとこ映像に写ってなくて良かった笑)

というわけで(無理やり締め)、
2009年カーディフ大卒業のみなさま、やったね!おめでとーありがとー!
c0104234_5303531.jpg

[PR]
by yn-cardydd | 2009-07-26 05:30 | イギリスの日々
マグダちゃんのブログ
レストランの同僚、マグダちゃんはポーランド人。

おしゃれで、細くてスタイルもよく、かつ仕事も真面目なおんなのこ。
ポーランドからきて、スペイン語とイタリア語を大学で専攻しています。
わー卒業するころにはマルチリンガル!!

バイトはレストランのほかにもメガネのお店でコーディネイトのアドバイザーをしているのだとか。


先日マグダちゃんのおうちでお茶して話した時、
10月からの次の学年ではスペインとイタリアに半年ずついくため、
Keep in touchのためにフェイスブックで友達登録しあおう!となりまして。
さっそく彼女のページをみると、ブログへのリンクが。

そしたら、ヴォーグなどの雑誌研究に余念がない彼女、
ここでもファッションセンスを磨き続けていたのでした。

街や旅先で見かけたお洒落なひとたちに声をかけ写真を撮らせてもらったりして
それがとってもすてきなのです。


コショーリ見にいきたい方はこちら(本文は英語です)
http://www.fashion-abuse.blogspot.com/



ふだんのマグダちゃんのファッションもとても素敵で、
おうちもアートのような素敵な空間。
だけど必ずしもお金をすごくかけてるわけじゃなくて、
安くても素敵なものもたくさんもってたり。

なので、マグダちゃんにその日の服装やアクセサリーを褒められるとやった!と思っちゃう。


そういえば彼女のブログを見てふと思ったけど、
私ももうひとつ新しく英語のブログをかこうかなぁ。。

雑記より、アンティーク一本に絞ったもの、とか。
書くのはせいぜい週1かそのくらいで、
手入れや保存方法なんかをちゃんと調べて書くようなブログ。。

そしたら自分の勉強になるし。

よーし、週末の間にいろいろすすめよーっと。
[PR]
by yn-cardydd | 2009-07-25 08:51 | イギリスの日々
楽しいお茶
今日はひさびさにミナさんとお茶~♪

ミナさんは私より3年長くイギリスにいて、
このたび卒業式にてPhD(Doctor of Philosophy、博士号のこと)を授与されたばかり。

卒業式では私とミナさんの専攻はまるっきし違うものの
学部は一緒、かつ修士と博士の学生はすぐ蕎麦にすわるので
お式の間もちょこっと話はしたんですが、ほんとにちょこっとだったので、
きょうたーくさん話せて嬉しかった!!


ミナさんは卒業式の直前に次のお仕事が決まって
今度はロンドンでのお仕事。
もしかしたら日本にずっと帰っちゃうかも、といっていたので
私としては嬉しい限り♪


今は、ポンドも一時の高騰からすると半分かという勢いで下がり、
そのためポンドで化成でもね、、と帰国するひとも増えているとか。。
円は唯一生き残ったものネ・・・。


でも、わたしがここに居たいと思い続けてきたのは
ポンドが強かったからではないし、私の好きなイギリスのアンティークを相手に
ずっと仕事がしたいからなので、世間一般でいうところの
「現実的な考え」というものに従うというのは今のところないのだけど。。

とか、ま、ちょっとシビアなお話もまじったけど、
たくさんお話して、なんだかすっきり。。。


レストランのお仕事関連は、ちょっと落ち着いてきた。。。

渡英して1年のころは何か悩んだり、興奮して話すような話題があったりってときは
日本語で言わないと消化不良でしたが、最近はさすがに英語でもわりと詳細までいえて、
最近のトラブルも、なかよしになったキャロル(台湾人)やマグダ(ポーランド人)なんかと
後日、状況を細かく話したりしてだいぶ整理できた。


そういうのをひっくるめて、今はとても、
私はここで暮らしているし、暮らしていくんだ、という気分。

ふむ、そんな一日です。、
[PR]
by yn-cardydd | 2009-07-23 08:22 | イギリスの日々
personal crisis
はりぽたを見ました・・・・。


あの、私それほどめっちゃくちゃファンっていうのでもないので、
とりあえずエンターテイメントとしていっかな、て感じで見に行ったのですが、


・・・・なんでジニーとハリーが唐突に恋におちてんの??
ロンとハーマイオニーはシリーズのさいしょっから複線はられつづけてたから
多少荒い展開でもついてけるが、ハリーがジニーに恋に落ちる理由がわからんし
ジニーがいつの間にかハリーを誘導するように恋仲へ発展させちゃうのもわからん・・・

原作読んでる人は違うんだろうけど。。

というわけで、前半は困惑気味でありました。。


いつの間にかチョウはきえてるしな。


3回くらい見たら自分の中でスムーズにいきそうな気がします。
(でもこの作品を映画館で3回もみたりはしない・・・)



ま、いいとして。

先週から個人的な危機におちいり、
それほど深刻だとも思ってなかった事態が思ったより深刻。。
お仕事を失う危機!!みたいな。。。

ええ、お仕事関係でね。

とりあえず、マネージャーとお話して、
お仕事をすぐにも失うってことはないようですが、、、
どうしたもんかね。

私、孤立無援なのかしら、と思ったけど、
意外に結構たくさん見方して話を聞いてくれる人がいて
そこはちょっとほっとしました。

なんでこうなるんだーと思うけど。

でもさー、世の中、正しい人が権力をもってるとは限らんのよね。


ああっ、私だってめでたくお仕事げっとしてこんなとこ去りたいやいっ。
みんな帰国だの、進学だのでごっそり居なくなるもん、私だって
「ちゃんとしたお仕事につくから!じゃねーばっははーい」つってさりたいっ。

Then, I shall never see you again!!!
[PR]
by yn-cardydd | 2009-07-21 07:23 | イギリスの日々
mission completed
この日の私にはとあるミッションがあった・・・。

前々から「卒業式の日にはぜひこっぱずかしい格好を!」とチューターにお願いし、
それで写真をとる、という。

でもなー、前日偶然あったとき(卒業式をなぜかチューターが一日前倒しで記憶していた)
普通にスーツだったので、これは約束を守らなさそうだ!!と踏み、
前日ばっちりうさ耳を購入。


ふりそでに隠し・・・
c0104234_231432.jpg

(振袖って便利だよね、この日も何でもポンポンいれちゃってました、ふふふ)


はひう「あの、ちょっとプレゼントがあるんですけどね(もぞもぞ、、、)」
でいびっど「ん・・・・?つけるのかい、これを・・・笑」

苦笑いしてるのに、でも、わりと躊躇なくさっと身に付けるでいびっど、さいこー笑。


いざ!
c0104234_24526.jpg

あら~よく似合ってるじゃありませんか!!!ぐふふ~。


そんで、もう1人のチューター、ジェーンのところでも写真を撮っていると、



c0104234_2103299.jpg

わーい、いたずらっこー。みたいな写真・・・。

写真をとってくれたヨタが「でいびっどが後ろでなんかしてる・・・」とつぶやくので
顔がわらってしまう私とじぇーん。


あと、警備のおじさんとも一枚。
写真とろーね!と約束していたのだった。ナイスタイミングで勤務中でした。
c0104234_2171438.jpg


ちなみに、でいびっどさんのうさ耳しゃしんはフェイスブックにアップされており
(みんな絶対アップしろって言うし笑)、
彼のうさ耳姿は過去の卒業生たちにさらされるのであった・・・だだーん。

楽しいので、私のプロフィール写真もこれに指定しちゃったりして、ぬふ。
ちなみにでいびっどさんはSNSやらない派。
よって、写真は好き勝手キャプションつきであります。



「うさぎせんせい:担当教科はピーターラビットの歴史」


もうちょっと卒業写真編つづく・・・。
[PR]
by yn-cardydd | 2009-07-18 02:22 | イギリスの日々
卒業式!いえい!
ふふふ、昨日の卒業式はたのしかったぞい。

というわけで、どどん。
c0104234_3355629.jpg

はりぽた。うふ。

そしてじゃじゃん。
c0104234_4202622.jpg

そう、わたくし、袴を着ました!!!

ちなみに耳元はこんなかんじ。
c0104234_433648.jpg



というわけで自慢するよ!?
もう大絶賛の嵐でございました!!一日限定あいどる!!(着物がな)
しらんひとにも「なんてごーじゃす!」とほめられまくり、写真もとられまくり、
チューターも、君の衣装が今日もっともぽっしゅだ!!と拍手喝さいしてくれました、ぐふぐふ。

まーこのガウンの襟の色は不満なんだが。
カーディフ大がUniversity of Wales, Cardiffだった頃の、
University of Walesが指定していたガウンの方が古めかしくてよかったのに・・・
このスーパーマンカラーったらたら!!
(現在はカーディフ大はUniversity of Walesから独立、単体で学位を発行し、
ガウンの襟の色も変わりました、、、うう、マイナーちぇんじ!!)


というのはさておき。

一日、ごはんを食べる暇がないくらい忙しかったー。

着付けして、ガウン受け取りにいって(もちろん道で大注目を浴びながら)、
レストランの同僚・キャロルと一緒に大学の周辺やらなんやらで写真を撮りまくり、
1時前に会場にいくキャロルと別れて、でりっくおじーちゃんのフォトスタジオへいって
両親に送るためにちゃんとした記念写真を撮り、
とんぼ返りで学校へもどってワインレセプションに出席(でも遅れたので全然残ってなくて、
悔しかったのでボトルに残ってたのをこっそり瓶飲みしました、ごめんあそばせ!!)。
チューターたちと写真とったり、警備のおじちゃんと撮ったり、
よく頑張ったわね、と言われてうっかり泣きそうになって堪えたり(だってお式の前に化粧が・・・)。


で、とりあえず会場着。

では卒業式だいじぇすと!
c0104234_3561932.jpg


赤いカーペットを歩いているのが、姉妹コースのCare of collectionsのおんなのこ。
で、奥に控えているのがわたし。小声で名前を確認され、「素敵な衣装だね!」と褒められているところです笑。

c0104234_3583813.jpg

いよいよ私の番。赤絨毯をあるいて、副学長と握手。
おもわず日本式でおじぎしてしまう笑。とっさにでてしまうお国柄。
ちなみにこの登場シーンでも衣装を褒める声がでたそうな(撮影者談)。もー今日はとことん自慢するぞー笑。

c0104234_405123.jpg

うふ、、、2人だけ。。
式はSchool of Journalism、School of Riligous and Theological study、School of History and Archaeologyの3学部でやったのですが、このうちMSc(Master of Science)の学位をもらうのは2学科のみ。
3学部ぜんぶのなかでたった2つだけある理系コースなのでこんなことに。


普通は、20人くらいまとめてだーっと副学長と握手をしてから前に並ぶので、
けっこう異様な感じで、2人でこそこそ「ちょっと二人だけだよ!あはは!」とか言ってました。

学長がウェールズ語で短い祝辞をのべ、最後にウェールズ語と英語両方でおめでとう!といってくれて
学生は帽子に手をあて、かるくお辞儀をします。



ていうのを、動く画像で見たいひと、はーい!!!!(自分でぜんぶ言う)

こちらで!http://www.cardiff.ac.uk/graduation/webcast/archive/2009/index.html
一番したの、4時半からのをクリックして、さらにビデオプレイヤーが開いたら
1時間22分30秒くらいまですすめてください。
私たちが呼ばれたのって大トリのPhD(博士課程)の2つ前なので、前はとばしてください笑。


副学長にCongratulationsを言われたあと、お辞儀をうっかり忘れ、隣の彼女をみてあわててお辞儀してにやっと笑う私がばっちり写ってます笑。

卒業式れぽーとはまだまだ続くぜよ。
c0104234_4235982.jpg

バイト先でおバカ顔しゃしん。
[PR]
by yn-cardydd | 2009-07-17 04:24 | おべんきょ
とうとう明日
ふう・・・・とうとう明日(ていうかもう今日)になりました。


卒業式。


ぎゃーどきどきしてきた!!!笑

なんだか、コースをやってるときは本当に卒業なんてできるだろうかって感じで
落ちる方が現実的に思えていたのに。

それが明日!!(でも日付もう変わったから今日!笑)


卒業式はあまり大きくないホールでやるのもあって、
3つ4つの学科を1まとまりに、1グループ2時間の予定でセレモニーを1日3回、
それを一週間くらいかけてやるのです。

そして明日はその卒業式ウィークの最終日。
私はその最終セレモニー!うきゃ~。


ホールの外には大きなスクリーンがあって、
普段はBBCが放映されているのですが、セレモニーの間は
ホールの中の中継になっています。

たまたま前を通りかかったとき、学長のスピーチをきく学生の姿が映し出されて
思わず胸がぐっとなるのを感じました。


うわ、どうしよう、私あした泣くかも!とか。

いや、まじで。


は、でいびっどさん、ちゃんとこっぱずかしい格好してきてくれるかなー?

でいびっどさん(先生)といえば、今日偶然、学部事務の前であって、
卒業式の前に学部であるワインレセプションの申し込みにきた~とかいったら

「ああ、きょうだよね」


って・・・。え?

「え??明日じゃないんですか?」

「え今日でしょ」


・・・・・・・・・

「えっと、でもお式は明日ですよね?」
「え、今日でしょ?」

はい!!!???

あわあわ、とうろたえ、いやいや、事務にまずききましょう、と
オフィスに入ってでいびっどさんが聞くと、

みんな口をそろえて
"Tomorrow!"


おーい!!!!

思わずでいびっどさんの腕を漫才のつっこみのごとくはたいてしまった笑。
なかよしこよし。


んー。それにしても、前も学会の場所勘違いしてたし、
もしかしてもしかして、、、でいびっどさん、結構すっとこどっこいな人・・・・?


さておき、明日は皆に写真とってもらって、自分でも撮って回って楽しみたいと思いまーす。
[PR]
by yn-cardydd | 2009-07-15 11:08 | イギリスの日々