歌の国 ウェールズ
ウェールズは「歌の国ウェールズ」("Land of song")という異名を持っています。

Esteiddfodという、12世紀に端を発する音楽や詩の祭典が19世紀に復活し、
そのイメージからの名称だそうな。
それに、人口も面積も小さな国(イギリスではそれぞれ地方というより「国」という認識です)にも関わらず、イギリス全土で人気のキャサリン・ジェンキンスや日本でも人気になったシャルロット・チャーチ、カール・ジェンキンス(フィギュアの村主選手が最近の演目で使用しています)など、世界的に有名な音楽家たちを輩出していて、そのイメージを確固たるものにしています。


で。

夏くらいからやっていた「Last Choir standing」という地域の合唱団が競い合うBBCのオーディション番組がありまして。見事、首位を勝ち取ったのは我らがウェールズの男性合唱団、
「Only men aloud!」。歌の国の面目躍如です。
c0104234_138454.jpg

          (BBCより拝借)

レコード契約が結ばれ、最近CDが発売されたことから昨日、BBC Walesで特集番組もやっていたので「は!これは書いておかねば!」とブログどころでないのに書いちゃってます。。。

いや~本当に素晴らしい歌声。
ブリジット・ジョーンズがエアドラム?をしながらなみだ目で熱唱するので有名なAll by myselfとか、
イギリスといえば!なジェームズ・ボンドのGold fingerなど、選曲・アレンジ・演出もばっちりなんですよね~(You tubeにリンクはってみました)。

もちろん、それを演じる実力もあるけど、こりゃープロデュースした人の功績もかなり大きいなー。

ちょっと今ワタワタしてるので買い物も音楽鑑賞も時間がないけど、終わったらクリスマス前にCDを買おうと思っています。皆様もアマゾンなんかでぽち、っと。。。。w


ところで、You tubeは番組中のパフォーマンス映像なのですが、どう見てもこの彼をフォーカスしまくりですよね(笑)。
c0104234_1393259.jpg

           (同じくBBCより拝借)

合唱団のメンバーの中でも若手で、確かに物腰柔らかそうで人気者になりそうです。ふふふ。
[PR]
by yn-cardydd | 2008-12-06 01:43 | イギリスの日々
<< The Gardener... 最近の食生活 >>