人気ブログランキング |
<   2009年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧
むーん・・・
うっかり無くしてしまったぁ・・・。
デジカメのメモリーカードとUSBカードリーダー・・・。
どこ探してもないので、多分、学校で使ったときパソコンに差し込んだまま忘れたんだな。


で、きっと誰かに持っていかれた・・・。がぼん・・・。

というわけで、最近の写真が無いのでありました。
買いなおす日まで、しばらくネットなどで拾ったり、昔の写真をつかったりで繋ぐ所存です。

今日はビクトリア時代(19世紀)からあるという、街の中のアーケードへ。
通りかかったら、中々年季の入った本が手の届く範囲で打っている様子の古書屋さんがあって、
入ってみようとずっとおもっていたのでした。

今日は見るだけかなーと、思っていたところ、
気になるものをみつけました。George Borrowという人が1851年に書いた旅行記2冊。
スペイン語、ウェールズ語(!)、ロシア語に通じていた彼は、旅先で単なるよそ者扱いではなく、
コミュニティに溶け込み、その深い部分まで見ることに成功した稀有な人であったためか、
旅行記は今も新しいバージョンが出版されているようです。

中身の目次でこれは面白そう、と思って何も知らずに手に取ったけど、
ググって見ると結構情報がでてきた。有名なものだったか・・・。

本を持っていくと古書店のおばあさんは、「いいレザーよねぇ」といとおしそうに撫でて言うので
何だか愛着が増す感じ。

深い緑に染めた皮で、表面がなめしてあって、背表紙と表紙には、おそらく熱した判でつけたバラのモチーフが施されています。背表紙の方は金色に彩色してある。可愛いなー。
天の部分にも金色に塗ってあって、スマイソンの手帳みたいで上質感がすてき。

読んでいる時も、部屋においている時も可愛い。ああ、写真取れなくて残念。。
旅のお供につれていこうぞ・・・。

おばあさん、本の中表紙に鉛筆で書かれた値段が読めなくて
「これ、3かしらね?5かしらね?」
「ええとー5だと思います」
「ああ、そうね、こっち(もう1冊の方)ははっきり3て書いてあるし、これは5ね」
「でも3だと私は嬉しいんですけどね、ははは」
「うふふふふ」

しかし、負けてもらえなかった・・・ちぇっ笑。

てなことをしていると、韓国人のわんよんからテキスト。
「今エクセルでやる課題やってるとこで、課題のワードドキュメント読んでるんだけどさっぱわからーん!」
とヘルプをもとめていらっさる。ははぁ。

さては、私が過去やったやつ・・・?

行って見ると、一つは見覚えのあるもの(なんのこっちゃ?と良く分からなかった覚えがあります笑)、
もう一つは私の年には無かった課題。うーん、、、と2人で悩んでみる笑。

Conservationのコースの子達はデータ解析やプレゼンの授業を考古学専攻と一緒にうけるのですが、チューターは完全に考古学の人。エクセルでデータをまとめるの基本作業などはいいとして、「こういう考古学データにふさわしい解析方法はどれですか」、とかさ・・・

わんよん・私「これConservationの学生になんも関係ないよね・・・」


だったら、選択でQuestionを選べるようにして、「こういうオブジェクトがあります。素材の解析方法(X線回折、蛍光X線、赤外線分光分析など)とデータのまとめ方を提示してください」とかやればフェアだと思われます。

わんよん、ターム終わりのQuestionairにはそのクレームを書くんだ!笑
by yn-cardydd | 2009-04-16 04:46 | イギリスの日々
中世にも浸ってみる
昨日はまた、奇跡的に私のラップトップちゃんのモニターが回復し、
2時間ほどは普通に動いたため、この隙に!!と写真を半分ほど取り出すことに成功。
CDとか用意しとかなきゃなー。2G(しかも卒論その他が入っている)のメモリースティックだけじゃ全部をコピーできず。。

でも色々みてたら懐かしく、去年の6月くらい?にとった写真など。

カーディフ城であった中世の決闘試合の再現。
なかなか面白かったよ。

c0104234_5215578.jpg

敷地に廃墟になった古いお城があって(そばにもっと後に建てられたものがあります)、

c0104234_52925.jpg

こんなゲーム?をして競い合うナイトのおじさんたちを見て

c0104234_5283791.jpg

こんな僕ちゃんが兜をかぶせてもらってたので羨ましくなって

c0104234_5311369.jpg

被ってみた、という話さ(重い)。きひ。



そういえば旅記録はミクシィにかつて書いてたけど、消えちゃったし、
また時々取り出した写真で回顧録、というのも(自分の思い出として)いいかも。
by yn-cardydd | 2009-04-15 05:31 | 旅・回顧録
可愛いほん
イースターサンデー。
クリスマスと同様、街のお店はかなり閉まってました。。むーん。
Northanger AbbeyのDVDを衝動買いする気満々だったのに。
あとNorthanger Abbeyを見たらJane Austen作品の映像化は一通り見たことに。
といっても、匿名で執筆をした彼女、長編6作品が主なものだそう。
今持ってるのとは違うバージョンを見てみる、というのが次のステップかしら笑。


さて、以前、Jane Austen関連で調べ物をしていた時にふっと見つけたペーパーバックの本ですが、
Dover Thrift社編集のものが可愛くって。
c0104234_1512812.jpg

(アマゾンUKより)

このPersuasionの装丁が可愛かったので、
こんな感じのデザインで他の作品もあるのかなーと検索すると

Pride and Prejudice(高慢と偏見)
c0104234_1593095.jpg

ぬ、これも可愛い。

こんなペーパーバックの本を何度も何度も読み返しながら旅もいいなぁ、ふふふ。
というわけで、アマゾンでぽち。

ああ、そういえば、V&Aでのどから手が出そうなほど欲しくなった19世紀のファッション史本。
c0104234_2111214.jpg

スカートが大きく広がる感じが素敵ですよね。

そして17,18世紀のファッション史のも。
c0104234_2241224.jpg

くーこれも可愛いっ。この花柄は今のファッションに取り入れても可愛い~。
これでワンピースとかあったら買うな。

しかし、3ヶ月分の水光熱費、カウンシルタックス(お家にかかる税金)で一気に攻め込まれた今月、
これはちょっとまだ買えない、のでありました・・・。
by yn-cardydd | 2009-04-13 02:16 | わたしの本棚
Mansfield Park
数日前に買っていたにも関わらず、家のPCが使えないなどでまだ見てなかったDVD。
セール品にて3.9ポンドでした。

これはMiramax film製作のもの。
c0104234_4253992.jpg


ITV製作(2007)のもよく見かけるんですけどね、他のJane Austen作品と一緒にDVDボックスセットとかで。
でもこの女優さんがあんまし好みでなかったので笑、見送っていたの。
おなじく2007年ITV製作のNorthanger Abbeyの女優さんは好みなんだけど。
安くなってたら単発で買うか。3ポンド台とか。
c0104234_445526.jpg

Northanger Abbeyのワンシーン。

Jane Austenの作品は多くの作品が何年ごとに新しいバージョンが製作されているので、
好みの役者さんで作られているか、とか、登場する衣装が好みか、とか
そんな点でほぼ直感で選んでいますが、今のとこ買ったものは当たりかなー、ふふふふ。

今見ながら書いておりますが、小さなファニー(主人公)がエドマンドに紙をもらってお手紙用にしつらえているシーンがすき。机周りの書き物道具も素敵だしね。くーいいなぁ、19世紀!笑

ではでは、堪能しまーす。
by yn-cardydd | 2009-04-12 05:09 | 文化部活動
お手紙お届け
c0104234_3183925.jpg

私のラップトップ(ノートパソコンを英語では実はこう言う、Laptop)さんは、LCDの故障により
使えない。。

昨日、突然直ったりしないかなー(甘い)と起動させると、なんと復活してやったー!とガッツポーズを取ったのも束の間、2時間後にはまた画面まっくろ・・・。そうよね、専門家がダメっつったもんね・・・。
ああ、さらばお家のネット&DVDライフ・・・。


で、まあ学校に居座るので、ついつい遅く帰るのだけど、9時くらいからずっとすることが無いというのもネ。。
というわけで、新聞を買う頻度は週2、3回と増えつつあります。
私にとっては完全に夜の読み物(笑)。

そして、暇なのでお手紙も書いたり。
c0104234_3255212.jpg

前回と同じ封筒・便箋で、メーカーのロゴがうっすら入っているものに、にぎやかしのために
唐草模様のような絵のはいった紙を封筒にはいるサイズに切っていれてみたのですが、
今回は便箋に、お花の絵を添えてみた。。私のティーカップさんに描かれている絵。

そういえばアーケードで、めるひぇんに会いました。
c0104234_329698.jpg

おすましっ、みたいなポーズがたまらんー。
これ全部、藁などで出来ています。

こっちは分かりやすいかな?
c0104234_3315028.jpg

これ、文房具・絵画・工作用品のお店のショーウィンドウにありました。
可愛かったので、お店の人に写真とってもいいですか?と聞くと、「もちろんよ♪」と微笑んでくれたので
遠慮なく撮りました笑。

欧米人は手先が不器用、みたいなことよく言いますが、
やっぱり素晴らしい技術を持つ人たちも沢山いるんだよね。

またウロウロ、キョロキョロして、ちょっといいモノを探してきまーす。
by yn-cardydd | 2009-04-09 03:38 | イギリスの日々
おさんぽ
仕事のあとお散歩してみる。
もう一つ仕事を探さないとお金が全然たまらん。。とか思い、
募集がでてないかと色々キョロキョロし、ちょっとウィンドウショッピングなどし、

シティセンターにある小さな庭園で、春爛漫。

めるひぇん。
c0104234_3514099.jpg



c0104234_3542966.jpg

木蓮の花。わたしは、国語の教科書に載ってた、クマが木蓮の花を食べるお話(だったような笑)を読んで以来、好きなのですが、家族は上向いて咲くなんてーと不評だったのを思い出す笑。

c0104234_3545940.jpg

プロポーションのきれいなモデルさんのようだ。

c0104234_356647.jpg

同じ花のアップ。

あ!りすりす!
c0104234_3565551.jpg

イギリスでは街中でもよくリスを見る。。緑がおおいからかな。

モニターを覗かずに適当な角度であおり写真を撮ってみる。
c0104234_3583987.jpg


ペールピンクのチューリップが可愛いくて微笑ましい気分になりつつ、帰りましたとさ。
c0104234_40061.jpg

by yn-cardydd | 2009-04-08 04:00 | イギリスの日々
ティーカップ&ソーサーの年代
さて。先日(もう1週間以上前になっちゃった・・・)買ったアンティークのティーカップ・ソーサー&ケーキ皿。
c0104234_23202152.jpg

これ、ギリシャ人店主は「1920年だよ」と言ったので、エフィのおうちに着いてから
1920年、Aynsleyのティーカップ、といった具合で検索語を入れてみたけど、
同じデザインが見つからない。。。


うーん、、、
それどころか、刻印が1920年のものと違う・・・。

銀製品を修士論文で扱い、品質保証のHallmarkやTownmarkなどが年代で変わることは知っていたので、陶磁器のメーカーでもそうだろうな、と思ってもっと古いものも含めて検索。

c0104234_23245849.jpg

ティーカップの裏にあるこのマーク。

19世紀初頭に作られた、同じメーカーのコーヒーカップの裏にあるのと同じ・・・。
アレ?そんなに古かったのか!?

なんとなーく、ケーキ皿だけ色がほんの少し違う気がしてたんですが(これだけ花の絵もない)、
ケーキ皿の裏にあるのはコレ。。
c0104234_23264220.jpg

ケーキ皿だけ別に後付けで作られたもののようです。

あのおじさん(店主)、ケーキ皿だけ見て年代を言ったのかなぁ。
まるでガラクタの山のように積まれたお皿やカップ。。。あのお店の無造作なかんじ、、、おじさん、実はあんまり詳しくない!?笑

とか思いつつ、また後日調べていると、
どうもこのメーカー(Aynsley)、1920年を境に一度ロゴが変わっているよう。
で、また何十年後かに変わって現在のものになっているっぽい。

ひとり、ティーカップを観察するにつけ、絵付けの感じから、19世紀にまで遡るのはありえないなぁ、と思い直す。

つまり、ありえる線でいくと、ティーカップ&ソーサーは1919年製、
そしてケーキ皿は翌年の1920年につけたしで作られた、、、、てとこかなぁ。

それだってまあ、90年ほどもさかのぼるわけで、
アンティークの類としては新しいけど、今は「使える」アンティークが欲しいしね。

というわけで、うちのピンクのお嬢さんは私と同じ20世紀の子。
彼女が100年、150年とつづくように、大事にしてあげなくっちゃ。
c0104234_23465818.jpg

by yn-cardydd | 2009-04-06 23:48 | アンティーク
Natural History Museum見学の巻
さて。いよいよNatural Hisotry Museum。
c0104234_242599.jpg

V&A(Victoria & Albert Museum)を出て、19世紀に思いを馳せながら
待ち合わせの場所へ。

Natural Hisotry Museumの方は、このようにVisitor Passを警備員室で頂いて
c0104234_243066.jpg

あこがれの職員通用口(笑)からレッツゴー。

Conservation Labにてエフィの受け持ちのオブジェクトを見せてもらったり、
使っている道具や、マウンティング(オブジェクトを固定する台のようなもの)をどういう素材で作り、
整形しているかなど、色々見せてもらいました。

彼女"Small boss"にも会えたしね(イギリスのドラマGavin and StacyのStacy似で可愛いかった!)
直属の先輩職員さんをエフィはこう呼んでいて、ラボの責任者であるホントのBoss(上司)はBig boss笑。

そんなエフィちゃん。
c0104234_2275646.jpg

ラボのラウンジにて。
ここは博物館のメインの建物裏にある近代的な建物で、
ここから通路を通っていざダーウィン展へ。

エフィちゃんの顔パスをお借りして笑、見学していると・・・
ダーウィン著「種の起源」の日本語版もありました。
でも、キャプション間違ってる笑。

「No Kigen」って何だ!!「Shu(種)」はどこへいった!!笑。

ダーウィンの功績も面白いけど、「結婚するか否かの利点と欠点表」とか作って
真剣に悩んでいるメモがしっかり残っているのが笑える。
家族を持ちたいけど・・・でも研究ができなくなったらイヤーン。

(ちょっと表現に誇張があるけど、だいたいそんな内容でした。ヌフ。)

c0104234_2432855.jpg

エフィと別れ、もう一度19世紀の調度品を見ようと、今度は普通にお客用出入り口へ向かうと、
エントランスホールで職員からアンケートで捕まる(おもっきしアジアンなのに・・・)。

科学者のイメージって?とか
科学者がこうして一般市民に公開することのメリットって?とか
私が答えていいのか、とか思いつつ、テキトー発言を繰り返しておきました(ヒドイ)。

これってたぶん、科学者でない人への質問なんだね。
Scienceってったって、Conservation(私の専攻)とBiochemistry(友人専攻)の科学者の
スタイルとかかなり違う気もする。ラボへの引きこもり具合とか笑。

Conservation Scientistはなんというか、社交的なオタク的立ち位置?なーんて。

そんなこんなで、ロンドン2日間はあっという間に終了~。
アンティークは思ったほど見れなかったのでリベンジするとして、
とても充実~でした。

帰ってきたら、エフィはフェイスブックに書き込みをくれて、「今度はもっとゆっくり長くうちに居てね!」なんて。。。かわいいエフィちゃん、また行くぞよ!!

明日以降はまたいろいろこぼれ話で(全て書き尽くす勢い)。

c0104234_38796.jpg

アンティークマーケットで買ったドロップ型ガラス(恐らく、シャンデリアの一部)とV&A。
by yn-cardydd | 2009-04-06 03:10 | 文化部活動
自然史博物館、V&A博物館
博物館に出勤するエフィといっしょに地下鉄に乗って
9時ごろサウスケンジントンに着く。

だだん。
c0104234_4314978.jpg

Natural History Museum。
ああ、こんなところが職場だなんて・・・。うっとり。


しかしここも、隣のヴィクトリア&アルバートミュージアムも、
当然、開館は10時なのだった(出勤する人と同時に着いちゃったらネ・・・)。

暇なので写真を撮ってみる。
V&A博物館の職員通用口。
c0104234_4341216.jpg

私もここから入る人になりたい・・・笑。

さらに暇なので、おとといの新聞を読む笑。
c0104234_4513262.jpg

自然史博物館のド真ん前にあるベンチにて。影で対になってるのが可愛い。

さて、エフィの空き時間にラボ見学をさせてもらって、さらにダーウィン展へフリーパスの予定だったので、
待ち合わせの1時までV&Aへ。

先月はじめにYoung Victoriaを見たので、何だか感慨深いような気持ちになりつつ中に入る。
写真は禁止・・・なのだけど、ファッションのギャラリー、ものすごい写真撮ってる・・・。

い、いいのかい・・・?
あそこまで展示室が暗いのは、もちろんファブリックの退色を防ぐためなのだけど、
(他の素材よりもファブリックは照度の基準が厳しい)
フラッシュまでたいているし。

ジュエリーの部屋では注意を促すシーンも見受けられたけど、
他の部屋ではけっこう素で無視している監視員。アータ、何のためにそこに居るのだ笑。

この博物館はミュージアムショップの充実振りも良かったな。
ま、私(18、19世紀大好き)にとっての充実振り、が素晴らしいのですが、わはは。
19世紀服飾史の本、ほしいなぁ・・・20ポンドは高い!

とりあえずテーマをテキスタイルとタペストリー、そして18-19世紀に絞って見学。
18世紀も後半のものが特にいいなぁ。

やわらかな素材が取り入られるようになってその頃劇的に女性のファッションに変化が起こったそうな。

つまり、交易の関係ということなのかな。。
"Dress design changed dramatically after 1795"

1795年に何が起こったのかしら、と思い、
後でしらべようとメモメモ。インドの布かな~(そういえばヴィクトリア女王は初代インド女帝)。

ジュエリーの部屋も通りかかったので、ついでにいいな、と思うデザインのイアリングや指輪をささっとメモしたり、18-19世紀のギャラリーで素敵な刺繍の財布やドレスをかきとめたりしました。

c0104234_528150.jpg

写真を撮るのも楽しいけど、手帳がにぎやかになって後で見返すのも楽しい。
(でも、もうすこーし、絵心があったらなぁ!)

ウィリアム・モリスのデザイン画など見つつ、私にも降りてこないものかと思ってみる笑。
しかし、ウェールズのデパートより博物館の方がモリスの傘が高いのは何故だろう・・・・。ふっふー。


。。。と、ここまで書いて大変お腹がすいたので、また明日ー。
ああ、おうちでネットしたーい笑。
by yn-cardydd | 2009-04-05 04:35 | 文化部活動
デイビッドさんのメール
ええ、ちょっと予告どおりに写真つきでロンドン滞在記を書く時間がないため、
ちょっと予定変更。

わたくし、現在求職中。

でも日本で専門分野の経験がちょっとはあるとはいえ、
それでも限りがあるわけで。
先日エフィにも「週1でボランティアでもしてみたら?」とアドバイスもうけ、
とりあえずでいびっどさんにメール。

ついでに
「ちょっとRed Nose Dayに赤いスキニージーンズを履いたらしいじゃないですか!何でメールしてくれなかたんですかー写真撮りに行ったのに!」と書き添えたところ(赤字のところ、大文字で書いて送った笑)、

「ちがーう、ウワサってのは恐ろしい!赤いジーンズ履いただけ!そんなタイトでない!」

と返事がきました笑。

「Hahiuに教えたりして後世に伝えることになったりしなくて良かった!!!」

とまで言われた笑!!!


・・・・そういわれるとねぇ?
余計、何かやりたくなるよねぇ??笑


卒業式のときは、何かファンシーグッズショップで猫耳か何かでも買って
恥ずかしい写真を撮ってやろうと目論んでいる私です笑。


ふっふっふ・・・・、。
by yn-cardydd | 2009-04-03 23:26 | イギリスの日々